TOPシステム開発> オープンソースを使ったサーバサイドのプロファイル




サーバサイドプロファイリング
Javaサーバサイドプロファイリング

第2回:NetBeans Profilerを使ってみよう

著者:野村総合研究所  松野 洋希   2007/9/14
1   2  3  次のページ
オープンソースを使ったサーバサイドのプロファイル

   第2回目となる今回は、「第1回:プロファイラとは」に引き続いてプロファイラの1つである「NetBeans Profiler」を実際にインストールする流れについて紹介します。

NetBeans Profilerとは

   統合開発環境(以下、IDE)の1つに「NetBeans」があります。これは、サン・マイクロシステムズが中心となって開発が進められているオープンソースソフトウェアのIDEで、様々な機能をアドオンすることができるという特長があります。

   今回インストールを行うNetBeans Profilerも、そのアドオンの1つとして提供されています。本稿執筆時点での最新バージョンは5.5.1で、NetBeans IDEのバージョン5.5.1と対応しています。

   NetBeans Profilerには、以下のような機能があります。

  • CPUパフォーマンスの解析
  • メモリ使用量の解析
  • メモリリークのデバッグ
  • スレッド状態の監視
  • 収集したデータをオフラインで保持

表1:NetBeans Profilerの主な機能

   このように様々な機能を持ちながら、動作が非常に軽快であることもまた、NetBeans Profilerの特徴の1つといえるでしょう。


NetBeans Profilerの動作環境

   本稿で想定しているNetBeans Profilerの動作環境は、表1の通りです。

  プロダクト名 バージョン
OS Windows XP SP2
JDK Sun JDK 1.5.0_12

表2:NetBeans Profiler動作環境

   開発環境で使われることを想定し、今回は対象OSをWindows XPとしています。また、あらかじめJDKがインストールされている必要があります。

   NetBeans Profilerを動かすためには、Java SEバージョン5または6以上のJDKが必要となりますので、注意してください。プロファイル対象のJavaアプリケーションはバージョン1.4.2ベースのJDKでも実行可能ですが、独自のJVMをダウンロードして利用する必要があります。


NetBeans IDEのインストール

   まず、NetBeans IDE本体をインストールするところからはじめます。本稿では、記事執筆時点での最新バージョンである「5.5.1」をダウンロードします。以下のNetBeansのWebサイトにアクセスし、「Download NetBeans IDE」というボタンをクリックしてください。

NetBeansのWebサイト
http://www.netbeans.org/index_ja.html

   すると、Windows版の日本語対応NetBeansをダウンロードする画面が表示されます。「Download NetBeans IDE」ボタンをクリックし、「netbeans-5_5_1-windows-ja.exe」というファイルをダウンロードしてください。ダウンロード後、ファイルをダブルクリックしてインストーラを起動します。

   インストールの途中で、インストーラが「java.exe」が見つけられなかったときは、インストールされているJavaの実行ファイルを指定するようにしてください。

   インストール画面でライセンス契約条件の画面が出たら、使用条件を読んだ上で「ライセンス契約条件に同意する(A)」を選択して、「次へ(N)」をクリックします。次にインストールディレクトリを指定する画面が表示されるので、適切なディレクトリを指定してください。

   本稿では「C:\Java\netbeans\netbeans-5.5.1」を指定することとします。

   さらに続く画面で、Java SEのJDKがインストールされているディレクトリを指定します。このディレクトリは個々の環境によって異なるため、自分の環境に合わせて適切な場所を指定してください。あとは、「次へ(N)」をクリックしていくと、インストール作業が行われます。

   インストールが成功したメッセージが表示されれば、NetBeansのインストールは完了です。「終了(F)」を押してください。

1   2  3  次のページ


株式会社野村総合研究所 松野 洋希
著者プロフィール
株式会社野村総合研究所  松野 洋希
情報技術本部  オープンソースソリューションセンター
大規模コンシューマ向けWebサイトのインフラ構築にあたり、オープンソースのフレームワークやミドルウェアの検証・評価に携わる。2003年、日本人としては初めてJBoss社の認定コンサルタントに合格。現在は、金融系システム基盤へオープンソースソフトウェアを適用するために設計・構築を行っている。

NRIオープンソースサポートサービス OpenStandia
http://www.nri-aitd.com/openstandia/


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第2回:NetBeans Profilerを使ってみよう
オープンソースを使ったサーバサイドのプロファイル
  NetBeans Profilerのインストール
  NetBeans Profilerをサーバに接続
Javaサーバサイドプロファイリング
第1回 プロファイラとは
第2回 NetBeans Profilerを使ってみよう
第3回 サーバサイドアプリケーションのプロファイリング
関連記事
Eclipseでテストとパフォーマンス検証