TOP比較データ> シンプルで完璧、実績のあるビジネスインテリジェンス




統合化BI
統合化が進むBIツール

第3回:オープンアーキテクチャを採用した「Cognos 8 BI」
著者:コグノス  高澤 正道   2006/3/20
1   2  3  4  次のページ
シンプルで完璧、実績のあるビジネスインテリジェンス

   Cognos 8 Business Intelligence(以下、Cognos 8 BI)は、企業のあらゆるBIニーズに応えるエンタープライズBIを実現する、シングルアーキテクチャを持った製品です。

   Cognos 8 BIは「レポーティング」「データ分析」「データ検索」「ダッシュボード/スコアカード」に加えて「先進のビジネスイベント管理」を提供します。そして、Webサービスを基盤とした斬新なアーキテクチャにより、BI機能間のシームレスな連係、信頼できるデータソースの提供、容易な管理、数十万ユーザにも耐えうる柔軟性と拡張性を実現しています。

   同様の主張を多くのベンダーが展開しています。しかし実際には、一部のサービスを共有することで複数のコンポーネントが連係したり、共通のポータルを異なる製品に提供したり、もともと異なる製品の間で基本的な相互運用性を提供しているに過ぎない場合が多いのではないでしょうか。

   コグノスは、単一のアーキテクチャ上に、すべてのBI機能を搭載した単一の製品としてCognos 8 BIを開発しました。統合製品に比べてシンプルで筋のよいアーキテクチャを持つことで、多様なニーズ・広範なユーザを対象としたBIのエンタープライズシステムをシンプルに設計し、TCOを抑えた開発・運用・保守を実現できるようになりました。


実績のあるWebサービスを基盤としたアーキテクチャ

   2003年にコグノスは、新世代のレポーティング・ソリューション「Cognos ReportNet」を発表しました。企業の多様なレポーティングのニーズに対して、複数の製品を組み合せることが当たり前と考えられていた中、 コグノスは他社一線を画してきました。

   それはピュアなWeb環境で、レポートの開発から閲覧、非定型なデータの検索といった、広範囲のニーズを1つの製品で対応したことです。

   またオープンかつ先進的なアーキテクチャは、容易な導入・運用、ポイント&クリック方式による簡単な操作、多言語対応などの数々の先進的な機能を提供してきました。そのため、Cognos ReportNetは国内外を問わず多くの企業において、社内標準のレポーティングのインフラとして採用されました。

   このレポーティングのインフラをエンタープライズBIのプラットフォームに昇華させたソフトウェアがCognos 8 BIです。

   つまり、Cognos 8 BIではオープンで先進的なアーキテクチャを継承しつつ、新たにすべてのBI機能をサービスとして実装しています。これにより、1つの製品でありながら、あらゆるBIのニーズに応えるエンタープライズBIを実現することが可能になりました。

Cognos 8 BIのアーキテクチャ
図1:Cognos 8 BIのアーキテクチャ
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

1   2  3  4  次のページ

広範なビジネス・インテリジェンス機能を統合
「Cognos 8 Business Intelligence」

Cognos 8 BIは、Webブラウザだけで、様々なスタイルのレポートの開発と提供に加え、データ検索/データ分析/スコアカード/ダッシュボードおよびビジネスイベント管理のすべてが利用できます。なお、これらのBI機能の詳細は、コグノスのホームページで確認してください。

http://www.cognos.com/jp/
コグノス株式会社 高澤 正道
著者プロフィール
コグノス株式会社  高澤 正道
コグノス株式会社 マーケティング本部 プロダクトマーケティング
コグノスにて、プリセールス、コンサルタント、プロダクトマネージャーを経て、2004年より現職。この10年間は一貫して「Business Intelligence」に従事。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第3回:オープンアーキテクチャを採用した「Cognos 8 BI」
シンプルで完璧、実績のあるビジネスインテリジェンス
  共通のサービスを一元化したフレームワーク
  企業のITインフラにプラグイン
  広範なビジネスインテリジェンス機能を統合
統合化が進むBIツール
第1回 なぜ今、BI統合化なのか
第2回 データを中心に統合化するOracle
第3回 オープンアーキテクチャを採用した「Cognos 8 BI」
第4回 ビジネス・パフォーマンス・マネジメントが実現する経営管理サイクル
第5回 End To Endの包括的なBI・EPMを提供するBusinessObjects XI
第6回 統合マネジメントシステムを実現するBIプラットフォーム
第7回 統合化のメリットと各社の特徴
関連記事 : システム企画担当者のためのBIシステム導入の勘所
第1回 BIの世界を体験する−イントロダクション  オープンソースBIツールOpenOLAP
第2回 BIシステムの特性を知る−基礎知識編(1) BIシステム導入の目的
第3回 BIシステムの特性を知る−基礎知識編(2) BIシステムのアーキテクチャ
第4回 BIシステムの特性を知る−基礎知識編(3) データベースとBIツール
第5回 BIシステムの特性を知る−基礎知識編(4) BI構築プロジェクトの進め方
第6回 BIシステムをつくってみる−実践編(1)設計−導入計画と要件定義
第7回 BIシステムをつくってみる−実践編(2)設計と構築
第8回 BIシステムをつくってみる−実践編(3)続・構築フェーズ
第9回 BIシステムをつくってみる−実践編(4)構築フェーズ〜プロジェクト評価フェーズ
第10回 BIシステムをつくってみる−実践編(5)機能拡張プロジェクト
第11回 BIシステムの構成を決める−製品選択編(1)BIツール選択のポイント
第12回 BIシステムの構成を決める〜製品選択編(2)BIツール選択(続き)とデータベース選択のポイント
関連記事 : BIツール選択に失敗しないために
第1回 BIツール選択の基本は、分類すること
第2回 分析ツールの選択〜パワーユーザに必要な機能をチェック(前半)
第3回 分析ツールの選択〜パワーユーザに必要な機能をチェック(後編)
第4回 レポーティング・ツールの選択〜大量ユーザのサポートに必要な機能をチェック(前半)
第5回 レポーティング・ツールの選択〜大量ユーザのサポートに必要な機能をチェック(後半)
第6回 モニタリング・ツールの選択〜経営者が必要とする表現力をチェック(前半)
第7回 モニタリング・ツールの選択〜経営者の必要とする表現力をチェック(後半)