TOP書籍連動> バリデータの設定:Strutsの場合




まるごとEclipse!
Exadel StudioによるStruts/JSF開発

第5回:バリデータの設定

著者:竹添 直樹(TAKEZOE, Naoki)   2006/3/9
1   2  次のページ
バリデータの設定:Strutsの場合

   Strutsの場合、入力チェック用にバリデータフレームワークが用意されており、これを利用することでバリデーション機能を実現できます。まずは、エラーメッセージの表示に使用するプロパティーファイルを作成します。Web Projectsビューで「Resource Bundle」を選択し、右クリックから「New → Properties File」を選択します。プロパティーファイルの作成ウィザードが起動するので、Nameにapplicationと入力して「Finish」をクリックします(図1)。

プロパティーファイルの作成ウィザード能
図1:プロパティーファイルの作成ウィザード
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   今回は必要最低限ということで表1のプロパティーを追加してみます。

Name Value
errors.required {0}は必須入力です。
field.id ID
field.password パスワード

表1:バリデーションに使用するメッセージリソース

   Exadel Studioのプロパティーファイルエディターで直接日本語を入力しても文字化けしてしまうのですが、次の手順で追加すると適切にエスケープしてくれます。

  1. Web Projectsビューでプロパティーファイルを選択し、右クリックから「Add → Property」を選択する(図2)
  2. プロパティーの登録ダイアログが開くのでNameとValueを入力する

表2:エスケープの手順

プロパティーの追加
図2:プロパティーの追加
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   次に、作成したプロパティーファイルをstrutsconfig.xmlに登録します。

   struts-config.xmlエディターの「Tree」タブでresourcesを選択し、右クリックから「Define Message Resources」を選択します。メッセージリソースの追加ダイアログが開くので、Parameterに「application」と入力して「Finish」をクリックします。続いてstruts-config.xmlにバリデータプラグインを追加します。

   同じくstruts-config.xmlエディターの「Tree」タブで「plug-ins」を選択し、右クリックから「Create Special Plug-in → Validator」を選択します(図3)。

バリデータプラグインを追加
図3:バリデータプラグインを追加

   以上でバリデータを使う準備が整いました。Web Projectsビューから「Validation → validation.xml」をダブルクリックすると、図4のようなエディターが起動します。

バリデータの設定ファイル用エディター
図4:バリデータの設定ファイル用エディター
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   今回はIDとパスワードの入力欄の必須チェックを行うので、表3のバリデーション情報を入力します。

項目 プロパティー
form   name loginForm
field   dependes required
property id
arg key field.id
field   depends required
property password
arg key field.password

表3:バリデーションの設定

   このようにバリデータの利用手順は若干煩雑な部分はありますが、Exadel Studioでは強力な支援機能が提供されています。また、本稿では取り上げませんでしたが、Tilesについてもバリデータと同様の機能が提供されています。

1   2  次のページ

書籍紹介
まるごとEclipse! Vol.1
まるごとEclipse! Vol.1 Javaの統合開発環境として定番のEclipse。その最新版をまるごと紹介
オープンソースの統合開発環境として定番の地位が揺るぎないEclipse(エクリプス)。プラグインによりその機能を自由に拡張することができるアーキテクチャによって、今ではJava開発環境の枠を越えて汎用的なアプリケーションフレームワークとして利用されている。2005年末に正式リリースされたサーバサイドWebアプリケーション開発環境Web Tools Platform(WTP)、Webを超えたユーザーインターフェースを提供するEclipse RCP(Rich Client Platform)など、Eclipseの最新版3.1とその周辺技術にスポットを当て、最新情報を余すことなく解説!

発売日:2006/02/02発売
定価:\2,079(本体 \1,980+税)
竹添 直樹(TAKEZOE, Naoki)
著者プロフィール
竹添 直樹(TAKEZOE, Naoki)
弱小零細企業のプログラマ。Javaによる業務アプリケーション開発やオープンソースを活用した研究開発などに従事。趣味でEclipseプラグインなどの開発を行っており、Seasarプロジェクトなど国内外のオープンソースプロジェクトにもコミッタとして参加している。現在転職活動中。

この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第5回:バリデータの設定
バリデータの設定:Strutsの場合
  バリデータの設定:JSFの場合
Exadel StudioによるStruts/JSF開発
第1回 Exadel Studioとは何か
第2回 アプリケーション開発の実例
第3回 画面遷移の設定とロジックの実装
第4回 JSPの作成方法
第5回 バリデータの設定