TOPシステム開発> サンプルアプリケーションの開発




まるごとEclipse!
Visual Editorを使ったSWT開発

第3回:サンプルアプリケーションの開発 - ビジュアル・クラスの作成

著者:五座 淳一(GOZA, Junichi)   2006/3/23
1   2  次のページ
サンプルアプリケーションの開発

   本稿では、写真イメージを表示するSWTアプリケーションのPhoto Viewerアプリケーション(図1)の開発を通して、VEの使ったSWTアプリケーションの開発方法について説明します。
PhotoViewerサンプルアプリケーション
図1:PhotoViewerサンプルアプリケーション

   Photo Viewerアプリケーションの機能は次のとおりです。

  1. ボタンをクリックすることで、ファイル選択ダイアログを表示し、ユーザーがファイルを選択できるようにする。
  2. 選択したファイル名をテキストフィールドに表示する。
  3. 選択したファイルをキャンバスに表示する。

表1:Photo Viewerアプリケーションの機能


プロジェクトを作成する

   最初に、PhotoViewerサンプルアプリケーション用のプロジェクトを作成します。メニューから「ファイル → 新規 → プロジェクト」を選択すると、新規プロジェクトウィザードが開きます。

   Javaプロジェクトを選択して「次へ」をクリックし、次のページに進んでください。プロジェクト名のフィールドにcom.samples.swt.photoviewerを入力し、「終了」ボタンをクリックしたら、プロジェクトの作成は完了です。


ビジュアル・クラスを作成する

   VEを使って画面開発を始めるには、まずビジュアル・クラスを作成します。

   ビジュアル・クラスとは作成する画面の基本となるクラスのことで、SWTについてはシェルとコンポジットが用意されています。シェルを選択した場合にはウィンドウを表示するためのShellクラスを使用したクラスを作成し、コンポジットを選択した場合には複数の子ウィジェットを持つことができるCompositeクラスを使用したクラスを作成します。

   これらのクラスに各ウィジェットを貼り付けて画面をデザインすることになります。メインメニューから「ファイル → 新規 → その他」を選択し、新規作成ウィザードから「Java → ビジュアル・クラス」を選択することによって、新しくビジュアル・クラスを作成できます(図2)。

ビジュアル・クラス新規作成ウィザード
図2:ビジュアル・クラス新規作成ウィザード
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   スタイルに表示された項目の中から、作成するビジュアル・クラスの種類を選択し、通常のJavaクラス作成の際と同様にクラス名やパッケージ名を記入します。

   今回作成するPhotoViewerの場合には、表2のように入力します。

項目名 入力値
Style SWT → シェル
ソース・フォルダー com.samples.swt.photoviewer
パッケージ com.samples.swt.photoviewer
名前 PhotoViewer
修飾子 public
スーパークラス java.lang.Object
インタフェース 指定なし
スタブの作成 public static void main(String[]args)と継承された抽象メソッドにチェック

表2:ビジュアル・クラス新規作成

   ビジュアル・クラスウィザードを使ってクラスを生成すると、自動的にSWTライブラリーがビルドパスに追加されます。逆にビジュアル・クラスウィザードを使用しない場合には、SWTライブラリーをビルドパスに追加する必要があるので注意が必要です。

1   2  次のページ

書籍紹介
まるごとEclipse! Vol.1
まるごとEclipse! Vol.1 Javaの統合開発環境として定番のEclipse。その最新版をまるごと紹介
オープンソースの統合開発環境として定番の地位が揺るぎないEclipse(エクリプス)。プラグインによりその機能を自由に拡張することができるアーキテクチャによって、今ではJava開発環境の枠を越えて汎用的なアプリケーションフレームワークとして利用されている。2005年末に正式リリースされたサーバサイドWebアプリケーション開発環境Web Tools Platform(WTP)、Webを超えたユーザーインターフェースを提供するEclipse RCP(Rich Client Platform)など、Eclipseの最新版3.1とその周辺技術にスポットを当て、最新情報を余すことなく解説!

発売日:2006/02/02発売
定価:\2,079(本体 \1,980+税)
株式会社DTS 五座 淳一(GOZA, Junichi)
著者プロフィール
株式会社DTS 五座 淳一(GOZA, Junichi)
技術部所属。入社以来、交換機や携帯電話、Webシステムなど様々な開発を担当する。現在はRuby on Railsを使用した開発に携わり、生産性の高さに驚かされている。

この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第3回:サンプルアプリケーションの開発 - ビジュアル・クラスの作成
サンプルアプリケーションの開発
  開発中の動作確認方法
Visual Editorを使ったSWT開発
第1回 SWTの特徴
第2回 アプリケーションの実行とVisual Editorのビューの解説
第3回 サンプルアプリケーションの開発 - ビジュアル・クラスの作成
第4回 レイアウトの設定
第5回 イベントリスナーの実装とサンプルアプリケーションの実行