TOP設計・移行・活用> 構築フェーズ  〜多次元データベースの構築〜




BIシステム導入
システム企画担当者のためのBIシステム導入の勘所
〜速く、安く、確実に導入するには〜

第8回:BIシステムをつくってみる−実践編(3)
続・構築フェーズ
著者:アイエイエフコンサルティング  平井 明夫   2005/1/19
1   2  3  4  次のページ
   読者の皆さん、こんにちは。前回は設計フェーズを実施した後、構築フェーズに少し入って、「製品ディメンション」の3つの階層を定義したところで終了しました。今回はその続きとして、製品ディメンションの階層間の、関係定義から開始します。
構築フェーズ  〜多次元データベースの構築〜
(1)続・ディメンションの登録  〜製品ディメンションの登録〜

   製品ディメンションのように複数の階層を持つディメンションの場合、階層間の関係を定義するためのキーが必要になります。OpenOLAPではこれを「リンクカラム」と呼び、リンクカラムの定義には、図1の画面でレベル間を結ぶ矢印をクリックします。

製品ディメンション登録画面
図1:製品ディメンション登録画面
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)


そうすると、図2のような入力フィールドが表示されます。左側には上位階層のキーカラムが表示されていますので、これに対応するカラムを右側のフィールドから選択します。

リンクカラムの定義画面
図2:リンクカラムの定義画面


   製品ディメンションの3つの階層の間のリンクカラムを定義する場合、入力内容は以下のようになります。カラムの選択には、データウェアハウスのER図(図3)を参照します。

  • 製品クラスと製品ファミリーのリンクカラム: class_id
  • 製品ファミリーと製品のリンクカラム: family_id

ソースデータのER図
図3:ソースデータのER図
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)



   以上で、製品ディメンションの登録が終了しました。

   OpenOLAPでは、ディメンションの登録内容を確認するためにSQLビューアが利用できます。図1の画面の中段右にあるSQLビューアボタンを押すと図4のような画面が表示されます。

SQLビューア
図4:SQLビューア


この画面で、上段がこのディメンションのデータをソースデータベースから抽出するためのSQL文、下段がそのSQL文の実行結果です。


(1)続・ディメンションの登録  〜チャネルディメンションの登録〜

   次に、チャネル・ディメンションを登録します。登録方法は製品ディメンションと同様ですが、定義すべき階層が1つしかありませんので、リンクカラムの定義は必要ありません。チャネル・ディメンションを登録する際の入力内容は以下のとおりです。

  • ディメンション名:チャネル
  • 合計値:"合計値"にチェックをいれる
  • レベル名:チャネル
  • テーブル:channel
  • ロングネーム:long_name
  • ショートネーム:short_name
  • ソートカラム:chan_id
  • キーカラム:chan_id
1   2  3  4  次のページ


アイエイエフコンサルティング
著者プロフィール
株式会社アイエイエフコンサルティング  平井 明夫
日本DEC(現hp)、コグノス、日本オラクルを経て現職。一貫してソフトウェア製品の開発、マーケティング、導入コンサルティングを歴任。 特に、データウェアハウス、BI、OLAPを得意分野とする。現在、企業業績管理、管理会計などデータ分析ソリューションの短期導入を可能にするテンプレートやパッケージの開発を行っている。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第8回:BIシステムをつくってみる−実践編(3)続・構築フェーズ
構築フェーズ  〜多次元データベースの構築〜
  (1)続・ディメンションの登録  〜時間ディメンションの登録〜
  (3)キューブの登録と作成
  構築フェーズ  〜画面構築タスク〜
システム企画担当者のためのBIシステム導入の勘所
第1回 BIの世界を体験する−イントロダクション  オープンソースBIツールOpenOLAP
第2回 BIシステムの特性を知る−基礎知識編(1) BIシステム導入の目的
第3回 BIシステムの特性を知る−基礎知識編(2) BIシステムのアーキテクチャ
第4回 BIシステムの特性を知る−基礎知識編(3) データベースとBIツール
第5回 BIシステムの特性を知る−基礎知識編(4) BI構築プロジェクトの進め方
第6回 BIシステムをつくってみる−実践編(1)設計−導入計画と要件定義
第7回 BIシステムをつくってみる−実践編(2)設計と構築
第8回 BIシステムをつくってみる−実践編(3)続・構築フェーズ
第9回 BIシステムをつくってみる−実践編(4)構築フェーズ〜プロジェクト評価フェーズ
第10回 BIシステムをつくってみる−実践編(5)機能拡張プロジェクト
第11回 BIシステムの構成を決める−製品選択編(1)BIツール選択のポイント
第12回 BIシステムの構成を決める〜製品選択編(2)BIツール選択(続き)とデータベース選択のポイント
関連記事 : BIツール選択に失敗しないために
第1回 BIツール選択の基本は、分類すること
第2回 分析ツールの選択〜パワーユーザに必要な機能をチェック(前半)
第3回 分析ツールの選択〜パワーユーザに必要な機能をチェック(後編)
第4回 レポーティング・ツールの選択〜大量ユーザのサポートに必要な機能をチェック(前半)
第5回 レポーティング・ツールの選択〜大量ユーザのサポートに必要な機能をチェック(後半)
第6回 モニタリング・ツールの選択〜経営者が必要とする表現力をチェック(前半)
第7回 モニタリング・ツールの選択〜経営者の必要とする表現力をチェック(後半)
関連記事 : 統合化が進むBIツール
第1回 なぜ今、BI統合化なのか
第2回 データを中心に統合化するOracle
第3回 オープンアーキテクチャを採用した「Cognos 8 BI」
第4回 ビジネス・パフォーマンス・マネジメントが実現する経営管理サイクル
第5回 End To Endの包括的なBI・EPMを提供するBusinessObjects XI
第6回 統合マネジメントシステムを実現するBIプラットフォーム
第7回 統合化のメリットと各社の特徴