TOP設計・移行・活用> 構築フェーズ 〜続・画面構築タスク〜




BIシステム導入
システム企画担当者のためのBIシステム導入の勘所
〜速く、安く、確実に導入するには〜

第9回:BIシステムをつくってみる−実践編(4)
構築フェーズ〜プロジェクト評価フェーズ
著者:アイエイエフコンサルティング  平井 明夫   2005/1/26
1   2  3  4  次のページ
構築フェーズ 〜続・画面構築タスク〜

   読者の皆さん、こんにちは。
   前回は、画面構築タスクの一部として、製品別売上実績推移レポートを作成しました。今回は、その続きとして、チャネル別売上・コスト比較レポートの作成から開始します。
チャネル別売上・コスト比較レポートの作成

   設計フェーズで作成した画面設計書(図1)に従って、チャネル別売上・コスト比較のレポートを作成します。

レポート名:チャネル別売上・コスト比較
多次元DB名:売上実績
初期表示形式:表
次元 選択項目 初期表示位置 初期表示項目
時間
横軸(1)
製品 合計
製品クラス
製品ファミリー
製品
縦軸 製品
チャネル 合計
チャネル
ページエッジ カタログ販売
メジャー 売上金額
コスト
横軸(2) 売上金額
コスト

図1:画面設計(2)



時間ディメンションの作成

   Viewerのメニューツリー(図2)から「レポート管理−レポート新規作成」を選択すると、図3のようなキューブ選択画面が表示されます。表示されたキューブの中から、レポートの対象となるキューブを選択して、右下の次へボタンを押します。

Viewerのメニューツリー
図2:Viewerのメニューツリー


キューブ選択画面
図3:キューブ選択画面


   続いて、図4のようなレポート設定画面が表示されます。画面設計書(図1)によると、時間ディメンションの初期表示項目は年のみですから、図4のように月まで表示されている場合は、年をドリルアップして、図5の状態にします。これで、時間ディメンションが完成です。

レポート設定画面
図4:レポート設定画面
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)


時間ディメンションの完成
図5:時間ディメンションの完成



製品ディメンションの作成

   次に製品ディメンションです。画面設計書(図1)によると、初期設定項目が製品階層だけという指定になっています。これは合計値や、上位階層を表示せずに、個別の製品だけをすべて表示するということです。このような表示設定はドリルダウン操作ではできませんので、セレクタを使用します。ツールバーのセレクタ・ボタンを押すと、図6のような初期画面が表示されます。

セレクタの初期画面
図6:セレクタの初期画面


   この画面の各項目は以下のような機能をもっています。

  • ディメンション/メジャー名
    定義済みのディメンションとメジャーの中から対象となる項目を選択します。

  • 選択可能なメンバー/選択済みのメンバー
    ディメンション/メジャー名で指定された項目のメンバーが左側のボックスに表示されます。この中からレポートに表示したいメンバー選択して、追加ボタンを押すと、対象メンバーが右側のボックスに追加されます。

  • 条件の指定(メンバー名)
    メンバー名、あるいはその一部を指定して選択可能なメンバーに表示されるメンバーを絞り込みます。*はメンバー名による条件指定がないことを意味します。

  • 条件の指定(レベル)
    選択されたディメンションの階層を指定することで、特定の階層のメンバーだけを、選択可能なメンバーとして表示させることができます。

   製品ディメンションの製品階層だけをレポートに表示させるため、このセレクタ画面で以下の順番で操作を行います。

  • (1)ディメンション/メジャー名で製品ディメンションを選択します。

  • (2)条件の指定(レベル)で製品階層を選択します。

  • (3)選択可能なメンバーに製品階層のメンバーが表示されるので、全てを選択して追加ボタンを押します。

  • (4)図7のように、全ての製品階層のメンバーが選択済みのメンバーとして表示されているのを確認して、OKボタンを押します。
セレクタでのメンバー選択後の画面
図7:セレクタでのメンバー選択後の画面


   以上でセレクターの操作が終了し、図8のように製品ディメンションが完成しました。

製品ディメンションの完成
図8:製品ディメンションの完成


1   2  3  4  次のページ


アイエイエフコンサルティング
著者プロフィール
株式会社アイエイエフコンサルティング  平井 明夫
日本DEC(現hp)、コグノス、日本オラクルを経て現職。一貫してソフトウェア製品の開発、マーケティング、導入コンサルティングを歴任。 特に、データウェアハウス、BI、OLAPを得意分野とする。現在、企業業績管理、管理会計などデータ分析ソリューションの短期導入を可能にするテンプレートやパッケージの開発を行っている。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第9回:BIシステムをつくってみる−実践編(4)構築フェーズ〜プロジェクト評価フェーズ
構築フェーズ 〜続・画面構築タスク〜
  チャネル・ディメンションとメジャーの作成
  プロジェクト評価フェーズ
  ディメンショナル・モデリング
システム企画担当者のためのBIシステム導入の勘所
第1回 BIの世界を体験する−イントロダクション  オープンソースBIツールOpenOLAP
第2回 BIシステムの特性を知る−基礎知識編(1) BIシステム導入の目的
第3回 BIシステムの特性を知る−基礎知識編(2) BIシステムのアーキテクチャ
第4回 BIシステムの特性を知る−基礎知識編(3) データベースとBIツール
第5回 BIシステムの特性を知る−基礎知識編(4) BI構築プロジェクトの進め方
第6回 BIシステムをつくってみる−実践編(1)設計−導入計画と要件定義
第7回 BIシステムをつくってみる−実践編(2)設計と構築
第8回 BIシステムをつくってみる−実践編(3)続・構築フェーズ
第9回 BIシステムをつくってみる−実践編(4)構築フェーズ〜プロジェクト評価フェーズ
第10回 BIシステムをつくってみる−実践編(5)機能拡張プロジェクト
第11回 BIシステムの構成を決める−製品選択編(1)BIツール選択のポイント
第12回 BIシステムの構成を決める〜製品選択編(2)BIツール選択(続き)とデータベース選択のポイント
関連記事 : BIツール選択に失敗しないために
第1回 BIツール選択の基本は、分類すること
第2回 分析ツールの選択〜パワーユーザに必要な機能をチェック(前半)
第3回 分析ツールの選択〜パワーユーザに必要な機能をチェック(後編)
第4回 レポーティング・ツールの選択〜大量ユーザのサポートに必要な機能をチェック(前半)
第5回 レポーティング・ツールの選択〜大量ユーザのサポートに必要な機能をチェック(後半)
第6回 モニタリング・ツールの選択〜経営者が必要とする表現力をチェック(前半)
第7回 モニタリング・ツールの選択〜経営者の必要とする表現力をチェック(後半)
関連記事 : 統合化が進むBIツール
第1回 なぜ今、BI統合化なのか
第2回 データを中心に統合化するOracle
第3回 オープンアーキテクチャを採用した「Cognos 8 BI」
第4回 ビジネス・パフォーマンス・マネジメントが実現する経営管理サイクル
第5回 End To Endの包括的なBI・EPMを提供するBusinessObjects XI
第6回 統合マネジメントシステムを実現するBIプラットフォーム
第7回 統合化のメリットと各社の特徴