TOPプロジェクト管理> 第4回:プロセス定義からJavaクラスを呼び出す仕組み (1/3)




JBoss jBPMを試そう!

JBoss jBPMを試そう!

第4回:プロセス定義からJavaクラスを呼び出す仕組み

著者:レッドハット 三木 雄平

公開日:2008/02/21(木)

Let's try it!

第3回:15分でプロセスアプリケーションの開発」ではjBPMでEclipseのプラグインを使い、プロセスの定義を行いました。簡単にできることをご理解いただけたと思います。今回は前回までと趣向を少し変えて、Java SE環境でjBPMを利用していきます。よりシンプルな環境でjBPMを使うことで、その柔軟性を実感していただると思います。

前半はプロセス定義からjavaクラスをどのようにして呼び出すのかについて解説し、後半はハンズオン形式で進めていきます。ぜひ読者の皆様もトライしてみてください。


(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

イベントとActionHandler

jBPMのプロセス定義から前回作成したjavaクラスを呼び出すには、プロセス定義に新たに「イベント」を定義する必要があります。その定義したイベントから「ActionHandlerインターフェースを実装したJavaクラス」を呼び出します。「イベント」はプロセス上の遷移や、ノード入場、退場など、文字通りイベントを発生させたい箇所に定義するものです(図1)。

このイベントにActionHandlerを実装したJavaクラスを配置すると、プロセス実行の際、イベントを通過したタイミングでJavaクラスが呼び出されることになります。

ActionHandlerを実装したJavaクラスでは、リスト1のようにexecute()メソッドを実装することになります。引数として渡されるExecutionContextクラスに値をバインドすることで、プロセスからクラス、クラスからクラスの値の引渡しを行うことが可能です。なお、このイベントにはJavaクラスの他に、スクリプトやタイマ、およびe-mailによる通知など、jBPMで利用できるさまざまな機能も設定できます。 次のページ


1   2  3  次のページ


レッドハット株式会社 三木 雄平
著者プロフィール
レッドハット株式会社  三木 雄平
JBossグループ ソリューション・アーキテクト
株式会社SRAを経て、2002年に日本BEAシステムズ入社。カスタマーサポートチームにて、アプリケーションサーバおよびJava VM(JRockit)のサポートを担当。その後、プリセールスチームにてSIP Servlet関連の製品に携わる。2007年よりレッドハット JBossグループにてプリセールスを担当。
音楽(聴く&演奏)大好き。最近はJazzyなベースとリズムに魅了されてます。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第4回:プロセス定義からJavaクラスを呼び出す仕組み
Let's try it!
  jBPMプロジェクトの作成
  イベント定義
JBoss jBPMを試そう!
第1回 JavaエンジニアのためのBPMツールとは?
第2回 15分で試してみよう!
第3回 15分でプロセスアプリケーションの開発
第4回 プロセス定義からJavaクラスを呼び出す仕組み
第5回 例外の処理を見ていこう!
関連記事
JBoss Enterprise Application Platformの全貌
BEA AquaLogic BPM Suiteを使い倒す
EJB 3を再考する