TOP書籍連動> パッケージとクラスの作成




まるごとEclipse!
最新Eclipse 3.1によるEclipse再入門

第2回:Eclipseのインストール

著者:DTS  木村 真幸(KIMURA, Masayuki)   2006/02/20
前のページ  1  2  3   
パッケージとクラスの作成

   メニューバーの左上から、「ファイル → 新規 →「クラス」を選択します(図8)。
新規クラスの作成
図8:新規クラスの作成

   Javaクラスの作成ウィンドウの左画面で「名前」にクラスの名称を入力します(図9)。ここでも先ほどと同様、「Hello World」を入力します。パッケージにしたい場合は、適宜「パッケージ」にも入力します(ここでは"jp.co.impress.example"を入力しています)。

新規クラスの作成
図9:新規クラスの作成

   このクラスにmain()を作成するため、[public staticvoid main(String[] args)]にチェックします(図10)。

mainメソッドの作成
図10:mainメソッドの作成

   「終了」をクリックします。図8〜10の作業を行うと、クラスが作成されて図11のようになります。

クラスを作成した初期画面
図11:クラスを作成した初期画面
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)


クラスの実装

   次にHelloWorldクラスを実装します。

   mainメソッド内に「System.out.println("HelloWorld");」と入力します。

HelloWorldの実装
public static void main(String[] args) {
   System.out.println("HelloWorld");
}

   メニューバーから「ファイル → 保管」を選択(または「Control + S」キーを入力)して保存します(図12)。

ファイルの保存
図12:ファイルの保存

   保存すると同時に、Eclipseによって自動的にHelloWorld.javaがコンパイルされます。コンパイルに失敗した場合には、エディターの左隅にマークが表示されるとともに、画面下の「タスク」にエラー情報が表示されます(図13)。

コンパイルに失敗したHelloWorld
図13:コンパイルに失敗したHelloWorld

   エラー情報を基に修正してください。なお、「sysout」と入力した後に「Control + Space」キーを入力すると「System.out.println();」に変換され、「System.」とドットを入力した後に「Control + Space」キーを入力するとSystemの持つメソッド一覧が表示されて選択することもできます。

   入力変換のパターンは設定ウィンドウの「java → エディタ → テンプレート」から確認できます。新規に追加することもできるので、よく使う定型文は追加しておくと便利です。


アプリケーションの実行

   最後にHelloWorldを実行します。

HelloWorldの実行結果
図14:HelloWorldの実行結果

   メニューバーの「実行 → 実行 → Javaアプリケーション」を選択します。実行すると、図14のように「HelloWorld」がコンソールビューに表示されます。なお、ここで紹介したような基本的な操作は、メニューの「ヘルプ」→「ヘルプ目次」で丁寧に紹介されているので、適宜参照することをお勧めします。

前のページ  1  2  3   


DTS  木村 真幸
著者プロフィール
株式会社DTS システム開発本部 産業事業部
木村 真幸(KIMURA, Masayuki)

開発プロセス、Strutsベースのフレームワーク開発担当。プロジェクトの技術支援やセミナー講師も行う。多忙な毎日で子供には「たまに来る優しいおじさん」と思われている。

INDEX
第2回:Eclipseのインストール
  Eclipse3.1.1を使ってみよう
  簡単なアプリケーションの作成
パッケージとクラスの作成