TOP書籍連動> Eclipse3.1.1を使ってみよう




まるごとEclipse!
最新Eclipse 3.1によるEclipse再入門

第2回:Eclipseのインストール

著者:DTS  木村 真幸(KIMURA, Masayuki)   2006/02/20
1   2  3  次のページ
Eclipse3.1.1を使ってみよう

   前置きはこのくらいにして、早速Eclipseを使ってみましょう。本稿での実行環境はWindows XP Professional SP2を前提としています(注1)。
※注1: ソフトウェアのバージョン表記、およびそれに付随するファイル名は、変更される可能性があります。


J2SE Development Kit 5.0Update 5のインストール

   まずはJ2SEの実行環境を導入します。http://java.sun.com/j2se/1.5.0/ja/download.htmlの「JDK 5.0 Update 5」にある「JDKのダウンロード」をクリックし、指示に従って「jdk-1_5_0_05-windows-i586-p-iftw.exe」をダウンロードします。

   ダウンロードしたらクリックしてインストールします。インストール先はデフォルトの"C:\ProgramFiles\Java\jdk1.5.0_05"とします。


Eclipse3.1.1のインストール

   J2SEの準備が終わったら、ダウンロードページ(http://download.eclipse.org
/eclipse/downloads
)を開き、「Latest Release」から「3.1.1」をクリックして「eclipse-SDK-3.1.1-win32.zip」をダウンロードします。

   日本語化を行うため、国際化キットもダウンロードしましょう。Eclipseと同じダウンロードページの「Language Pack」から「3.1.1_Language_Packs」をクリックして、「NLpack1_FeatureOverlayeclipse-SDK-3.1.1.zip」、「NLpack1-eclipse-SDK-3.1.1a-win32.zip」の2ファイルをダウンロードします。

   インストール自体は、ダウンロードしたファイルを適当な場所に展開して配置するだけです。「eclipse-SDK-3.1.1-win32.zip」を展開し、任意のフォルダ(ここでは"C:\eclipse")に移動します。続いて国際化キットを展開し、"C:\eclipse"にフォルダごと移動して上書きを行い、最後にeclipseを実行することで、インストールが完全に終了します。

   なお、国際化キットの上書き前にEclipseを起動すると、メニューの一部などが日本語化されない場合があります。その場合は、コマンドプロンプトを起動し、"-clean"オプションを付けてEclipseを再度起動すると、正常に日本語化が行われます。

   開発のための環境設定"C:\eclipse\eclipse.exe"を実行すると、ワークスペース・ランチャー(図1)が立ち上がります。デフォルトのワークスペースはフォルダ階層が深いので、ここでは「C:\workspace\eclipse3.1.1」としています。

ワークスペースの設定
図1:ワークスペースの設定

   「OK」をクリックすると、Eclipseが起動します。Eclipseが起動したら、J2SEのインストール先を設定します。図2のようにメニューから「ウィンドウ → 設定」を選択すると、設定ウィンドウが立ち上がります。設定ウィンドウ左にあるメニューから「Java → インストール済みのJRE」を選択し、ウィンドウ右にある「追加」ボタンをクリックします。それぞれの設定項目は次の通りです。

Eclipseの設定
図2:Eclipseの設定

  • JREタイプ:標準VM
  • JRE名:J2SE5.0 Update5
  • JRE のホームディレクトリ:C:\ProgramFiles\Java\jdk1.5.0_05

表1:設定項目

   設定し終えたら「OK」をクリックし、図3のようになっていることを確認します。この設定により、ソースコードとして作成したJavaファイルを自動的にコンパイルしてくれるようになります。

J2SE 5.0設定
図3:J2SE 5.0設定
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   JREの設定が完了したら、今度はコンパイラが準拠するレベルの設定を行います。設定ウィンドウ左のメニューから「Java → コンパイラー」を選択し、「コンパイラー準拠レベル」を「5.0」に設定します。これで設定は完了です。

1   2  3  次のページ

書籍紹介
まるごとEclipse! Vol.1
まるごとEclipse! Vol.1 Javaの統合開発環境として定番のEclipse。その最新版をまるごと紹介
オープンソースの統合開発環境として定番の地位が揺るぎないEclipse(エクリプス)。プラグインによりその機能を自由に拡張することができるアーキテクチャによって、今ではJava開発環境の枠を越えて汎用的なアプリケーションフレームワークとして利用されている。2005年末に正式リリースされたサーバサイドWebアプリケーション開発環境Web Tools Platform(WTP)、Webを超えたユーザーインターフェースを提供するEclipse RCP(Rich Client Platform)など、Eclipseの最新版3.1とその周辺技術にスポットを当て、最新情報を余すことなく解説!

発売日:2006/02/02発売
定価:\2,079(本体 \1,980+税)
DTS  木村 真幸
著者プロフィール
株式会社DTS システム開発本部 産業事業部
木村 真幸(KIMURA, Masayuki)

開発プロセス、Strutsベースのフレームワーク開発担当。プロジェクトの技術支援やセミナー講師も行う。多忙な毎日で子供には「たまに来る優しいおじさん」と思われている。

この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第2回:Eclipseのインストール
Eclipse3.1.1を使ってみよう
  簡単なアプリケーションの作成
  パッケージとクラスの作成
最新Eclipse 3.1によるEclipse再入門
第1回 Eclipseプロジェクト
第2回 Eclipseのインストール
第3回 アノテーションの使用
第4回 小技で作業効率をあげる
第5回 FindBugsプラグイン