TOPサーバ運用・構築> いよいよはじまるZABBIXでの統合監視




ZABBIX
統合監視ツールZABBIX事始め

第3回:ZABBIXの基本的な監視設定
著者:ZABBIX-JP  寺島 広大   2007/1/11
1   2  3  次のページ
いよいよはじまるZABBIXでの統合監視

   「第1回:ZABBIXをインストール」と「第2回:ZABBIXエージェントのインストール」で、ZABBIXサーバとZABBIXエージェントのインストール手順を紹介しました。

   今回は、ZABBIXサーバの基本設定と、Linuxにインストールしたエージェントを利用した基本的な監視設定の方法を説明します。

ZABBIXの基本的な監視設定

   まず第1回でインストールしたWebフロントエンドへアクセスし、ユーザ名「admin」とパスワード「空白」でログインを行ってください。


ZABBIXの各メニューについて

   ZABBIXにログインすると図1のような画面となり、上部には2列の操作メニューが表示されます。

ZABBIXにログイン
図1:ZABBIXにログイン
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   上の列の各メニューは以下のようなカテゴリになっています。

Monitoring
監視対象ノードの状態/取得データなどの詳細を表示
Inventory
監視対象ノードに登録しているプロファイルを表示
Reports
ZABBIXサーバの状態や監視対象ノードの状態変化などのサマリを表示
Configuration
ユーザ、監視対象ノード、監視設定などの設定
Login
ログイン/ログアウトの実行

表1:ZABBIXのメニューカテゴリ

   各カテゴリを選択し、表示された下の列のメニューを選択することで、様々な項目の表示/設定を行うことができます。Configurationのカテゴリで設定を行い、Monitoringのカテゴリで監視情報を閲覧するのが基本的な操作となります。

1   2  3  次のページ


ZABBIX-JP 寺島 広大
著者プロフィール
ZABBIX-JP  寺島 広大
システムインテグレーション、ネットワーク運用管理を経験後、現在は某Linuxディストリビュータに勤務。顧客の監視システム構築の際にZABBIXを知り、仕事の傍らZABBIX-JP Webサイトの作成、管理を行っている。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第3回:ZABBIXの基本的な監視設定
いよいよはじまるZABBIXでの統合監視
  ZABBIXのユーザ設定
  監視項目の表示と設定
統合監視ツールZABBIX事始め
第1回 ZABBIXをインストール
第2回 ZABBIXエージェントのインストール
第3回 ZABBIXの基本的な監視設定
第4回 ZABBIXのアラートメール送信
第5回 ZABBIXの便利な付加機能とアラートメールの日本語化
第6回 UserParameter設定で様々な監視を実現
第7回 RPM/Debパッケージを用いたZABBIXのインストール