TOPプロジェクト管理> AquaLogic BPMの運用




AquaLogic BPM Suite
BEA AquaLogic BPM Suiteを使い倒す

第5回:BEA AquaLogic BPMを運用する
著者:日本BEAシステムズ  河野 恭之   2007/2/6
1   2  3  4  次のページ
AquaLogic BPMの運用

   本連載では、「BEA AquaLogic BPM Suiteを使い倒す」と題してAquaLogic BPM Suiteの各製品の機能や使用方法を紹介してきました。最終回の今回はAquaLogic BPM Suiteの運用をテーマに製品の機能とアーキテクチャを説明します。また最後に、運用に関するよくある質問と回答を紹介します。
AquaLogic BPM Enterprise Serverの概要

   AquaLogic BPM Studioで作成/テストしたビジネスプロセスは、BPM実行エンジン上にデプロイ(配置)することで実際の業務で利用することができます。このBPM実行エンジンがAquaLogic BPM Enterprise Serverです。

   AquaLogic BPM Enterprise Serverは、いくつかのコンポーネントと定義によって構成されており、ユーザの管理からビジネスプロセスの起動や監視、BAMの表示といった、一連のビジネスプロセスを実行します。AquaLogic BPM Enterprise Serverの論理アーキテクチャを図1に示します。

AquaLogic BPM Enterprise Serverの論理アーキテクチャ
図1:AquaLogic BPM Enterprise Serverの論理アーキテクチャ

   図1のアーキテクチャに示されているように、AquaLogic BPM Enterprise Serverにはいくつかのコンポーネントが含まれています。それぞれのコンポーネントがどのような機能/特徴を持っているかを示したものが表1です。

コンポーネント レイヤ 機能
HiPer
WorkSpace
プレゼンテーション
  • プロセスを操作するポータル画面
  • Webサーバ上で動作
AquaLogic BPM
Admin Console
プレゼンテーション
  • BPMエンジン管理ポータル
  • エンジンの定義やプロセスの
    デプロイを行う
  • Webサーバ上で動作
AquaLogic
BPM Engine
ビジネスプロセス
  • ビジネスプロセスの実行エンジン
  • 単一JavaプロセスまたはJ2EE上で動作
AquaLogic BPM
Engineデータベース
データベース
  • ビジネスプロセスの状態管理データベース
  • 外部のデータベースであり、JDBCによりアクセス
AquaLogic
BPM
Directory
データベース
  • ユーザ情報やBPMエンジンの定義を格納するデータベース
  • 外部のデータベースであり、JDBCによりアクセス

表1:アーキテクチャのコンポーネントと機能

1   2  3  4  次のページ


日本BEAシステムズ株式会社 河野 恭之
著者プロフィール
日本BEAシステムズ株式会社  河野 恭之
営業技術部  プリセールスエンジニア
VBやVC++、Java言語での10年にわたる開発経験を経てBEAに入社。現在プリセールスSEとして主にWebLogic ServerやWebLogic Integrationを担当。最近では特にAquaLogic BPM Suiteの販売促進活動にも従事している。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第5回:BEA AquaLogic BPMを運用する
AquaLogic BPMの運用
  スタンドアロン版とJ2EE版があるAquaLogic BPM Enterprise Server
  ビジネスプロセスの操作・管理
  よくある質問と回答
BEA AquaLogic BPM Suiteを使い倒す
第1回 BEA AquaLogic BPM Suiteの全貌
第2回 ビジネスプロセスをデザインしよう
第3回 ビジネスプロセスを実装しよう
第4回 ビジネスプロセスを動かす
第5回 BEA AquaLogic BPMを運用する