TOPシステム開発> 定番と呼べるIDEがなかったPHP




VS.Php
使って理解!PHP開発環境「VS.Php」

第1回:Visual Stuidoインターフェースを用いたPHP開発用IDE「VS.Php」

著者:アシアル  亀本 大地   2007/4/3
1   2  3  次のページ
定番と呼べるIDEがなかったPHP

   PHPという言語の大きな魅力の1つは、その手軽さにあります。レンタルサーバのスペースを借りてしまえば、簡単なものであればテキストエディタでさっとアプリケーションを作成できる、そんな手軽さが今日のPHPの普及を支えた重要な要素の一端だといえるでしょう。

   しかし、この手軽さが災いしてか、PHPを用いた実際の業務における開発の際にも、特にツールは使わずコーディングもテキストエディタで書き進めていく人が圧倒的に多いのが現状です。

   今までPHPでの開発は小規模な物がその割合のほとんどを占めてきたため、そのような開発体制でも何とかこなせてきました。しかし今後は、IT業界の成熟と共に、PHPアプリケーションの開発案件は大規模かつ堅牢なものを低コストで求められるように変化していくことが予想されます。

   それが良いか悪いかに関わらず、そのような現実に直面した時には、今まで以上の開発効率の向上を求められることになります。そういった場合において、様々な便利な機能を提供してくれる統合開発環境(IDE)の導入は十分考慮に値するのではないでしょうか。

   しかし、JavaならEclipse、ASP.NETならVisual Studioといったように、他のWeb系アプリケーション言語には定番のIDEが存在するにもかかわらず、PHPにはそのような定番と呼べるIDEがこれまで存在しませんでした。

   PHPにおいてもIDEは数々ありますが、どれもが未だに定番として定着しておらず、実際にIDEを選択する際にどうすればよいか困ってしまうのが現状です。

   そこで本連載では、PHPの開発において選択されるIDEの定番となりうるソフトウェアとして登場した「VS.Php」について、そのセットアップ方法や各種機能、基本的な操作方法などを紹介していきます。

VS.Phpとは

   VS.Phpは米国のJcx Software社が開発したPHP用のIDEです。元々はVisual Studioのインターフェースを利用するアドオンソフトウェアとして開発されたものです。

   近年、開発元のJcx SoftwareがMicrosoftとパートナー契約を結んだことにより、Visual Studio 2005 Premier Partner Editionに統合する形で、単体での動作を実現した「VS.Php Standalone」も提供が開始されました。

1   2  3  次のページ


アシアル株式会社 亀本 大地
著者プロフィール
アシアル株式会社
亀本 大地

大学院時代にはじめたテスターのバイトを機に、Webプログラミングの世界へ足を踏み入れる。当初はASP+SQL Serverを使うMS系のプログラマーだったが、アシアルへの入社を機にオープンソースを主流に扱うようになる。PHPを生業とするが興味の幅は広く、技術と聞けば設計からインフラまで、あらゆる事がこなせるようになるのが目標。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第1回:Visual Stuidoインターフェースを用いたPHP開発用IDE「VS.Php」
定番と呼べるIDEがなかったPHP
  VS.Phpをインストールして使ってみる
  基本的な使用方法
使って理解!PHP開発環境「VS.Php」
第1回 Visual Stuidoインターフェースを用いたPHP開発用IDE「VS.Php」
第2回 「VS.Php」に用意された機能を活用する