TOPシステム開発> データベースの運用モード




意外と簡単!? Oracle Database
意外と簡単!? Oracle Database 10g〜データベース構築の基礎編

第4回:運用方式をアーカイブログ・モードに変更する

著者:日本オラクル   2007/7/17
1   2  3  次のページ
データベースの運用モード

   Oracle では、データベースの運用方法として、「アーカイブログ・モード」と「ノー・アーカイブログ・モード」の2つの方法があります。これらは以下のような特徴があります。データベースを作成した時点では、デフォルト設定として「ノー・アーカイブログ・モード」に設定されています。
アーカイブログ・モード
障害発生時に最新の状態までリカバリすることが可能
ノー・アーカイブログ・モード
障害発生時は、バックアップ取得時点までリガバリすることが可能

表1:データベースの運用方法

ポイント
デフォルトでは、フラッシュ・リカバリー領域にアーカイブ・ログが作成されます。フラッシュ・リカバリー領域が足りなくなると、アーカイブ・ログが作成できずに、トランザクションが停止します(ORA-16014)。適切なフラッシュ・リカバリー領域サイズの設定と、リカバリ・マネージャーにて定期的にバックアップし、不用なファイルを削除してフラッシュ・リカバリー領域の空き領域を維持するようにしてください。


実習:運用方式をアーカイブログ・モードに変更する

   今回は、システム要件として「障害時に最新の状態まで戻せる」という可用性要件であると想定して、Enterprise Managerを利用して運用モードを変更してみましょう。

   1.それでは、アーカイブログ・モードを変更します。ホーム画面より「高可用性」の「使用可能なフラッシュ・リカバリ領域」の右のリンクをクリックしてください。


(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   2.「リカバリ設定の構成」の画面が表示されます。メディア・リカバリのARCHIVELOG のチェックボックスにチェックを入れ、「適用」をクリックします。


(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   3.変更を適用するためにはデータベースの再起動が必要となるため、確認の画面が表示されますので、「はい」をクリックしてください。


(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

1   2  3  次のページ


意外と簡単!? Oracle Database 10g Release2 - Windows版

本連載は、日本オラクルのOracle Technology Network(OTN)サイト上に掲載されている「意外と簡単!?」シリーズにある「意外と簡単!? Oracle Database 10g Release2 - Windows版」からの転載記事です。「意外と簡単!?」シリーズは、Oracle Database 10gを利用してこれからシステムを構築及び開発されていく方向けに、初心者の方でも分かり易いように「ステップ・バイ・ステップ」での説明を基本とした構成になっております。
「Oracle Database 10g Release2」編はOracle Database 10g Release2を使用してこれからシステム構築を行い、運用していく方向けの資料です。初心者の方でも容易に構築/運用ができるよう全編にわたり極力GUIツールを利用して解説しています。
また、開発に関連する資料については、サンプル・アプリケーションの提供を基本としており、より具体的な内容にて情報を提供しております。
「意外と簡単!?」シリーズが、Oracle Database 10gをご利用する一助になれば幸いです。

http://otn.oracle.co.jp/easy/index.html

日本オラクル株式会社
著者プロフィール
日本オラクル株式会社
OracleDirect テクニカルサービス部
http://otn.oracle.co.jp/


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第4回:運用方式をアーカイブログ・モードに変更する
データベースの運用モード
  実習:運用方式をアーカイブログ・モードに変更する(その2)
  実習:自動共有メモリー管理を有効にする
意外と簡単!? Oracle Database 10g〜データベース構築の基礎編
第1回 Oracle Database 10gのインストールとデータベースの作成
第2回 Enterprise Managerを使ってロックされているアカウントを解除しよう
第3回 データベースの起動/停止
第4回 運用方式をアーカイブログ・モードに変更する
第5回 サーバーのリスナー情報の設定を行おう
第6回 新しいユーザー(スキーマ)を作成しよう
第7回 SQL*Loader にて従業員のデータをEMPLOYEES表に入力しよう
第8回 作成したEMPLOYEES表をエクスポートしよう