TOP業務システム> SaaSからPaaSを目指す「Salesforce」




どこで使える、そのSaaS?
どこで使える、そのSaaS?

第3回:カスタマイズやアプリケーション構築が可能な「Salesforce」

編者:シンクイット編集部
協力:セールスフォース・ドットコム   2007/10/16
1   2  3  次のページ
SaaSからPaaSを目指す「Salesforce」

   本連載では、ベンダー各社から提供されているSaaS(Software as a Service)ソリュージョンをカタログ形式で紹介していく。

   第3回の今回は、「Salesforce」と「Force.com」を取り上げる。

「Salesforce」とは

   「Salesforce」は、SFAやサービス&サポート、マーケティング支援、代理店管理、多角度分析など、幅広い分野をカバーするSaaS型のCRMだ(図1)。

Salesforce画面
図1:Salesforce画面
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   また「Force.com」はSaaS型のマルチテナントプラットフォームで、JavaライクなApexコードを使用したアプリケーションの開発や、AppExchange上で提供されるさまざまなアプリケーションを利用できる(図2)。

AppExchange画面
図2:AppExchange画面
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)


   両サービスともに、Webブラウザとインターネット接続環境さえあればすぐに利用可能で、日本語や英語をはじめとした15言語に対応している。セキュリティにも配慮しており、米国公認会計士協会による監査基準の「SAS 70 Type II(監査基準書 第70号)」の監査を継続的に受けている。

   企業レベルでのカスタマイズはもちろん、各個人レベルのパーソナライズを行える自由度を備える。またアプリケーション全体では、顧客の要望に基づき、年平均で3回以上のバーションアップを行っている。

   SalesforceおよびForce.comのサービスの概要は以下の通りだ。

社名 株式会社セールスフォース・ドットコム
サービス名 Salesforce、Force.com
サービス紹介URL http://www.salesforce.com/jp/
導入企業
規模
大手企業
(300億以上)
中堅企業
(10億〜300億)
中小企業
(10億以下)
適応範囲 CRM、BI、プロジェクト管理、グループウェア、メール、セキュリティ、その他AppExchangeのアプリケーションの利用やApexコードを使用した開発によって様々なアプリケーションが利用可能
クライアント
側要件
対応Webブラウザ Windows版Microsoft Internet Explorer 6.xおよび7.0、 Windows版Mozilla Firefox 1.xおよび2.xを推奨
RunTimeの有無
Windows Mobile機器の対応
携帯電話の対応 有(auおよびFOMA)
価格 Salesforce:
Unlimited Edition:31,500円/月、Enterprise Edition:15,750円/月、Professional Edition: 7,875円/月、Group Edition:151,200円/年
Force.com:
Unlimited Edition:12,600円/月、Enterprise Edition:6,300円/月

表1:SalesforceおよびForce.comの概要

1   2  3  次のページ

この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第3回:カスタマイズやアプリケーション構築が可能な「Salesforce」
SaaSからPaaSを目指す「Salesforce」
  「Salesforce」の特徴とは
  ビジネスの変化に合わせられる柔軟性
どこで使える、そのSaaS?
第1回 グループウェア「サイボウズ Office」をSaaSで使う
第2回 多数のアプリケーションを無償で提供「ネクストワイズ」
第3回 カスタマイズやアプリケーション構築が可能な「Salesforce」
第4回 小さくはじめて大きく育てる「SugarASP」
第5回 Human Resource Management SaaS「Lacrasio」
第6回 プラットフォーム上でアプリケーションを提供「Bizca」
第7回 SNSを中核としたWebツール「Social Tool Mart」
第8回 「KitASP Service Delivery Network」
第9回 採用前から採用後までをつなげる「採用奉行」