TOP書籍連動> HTML定義ファイル




Webアプリケーションの国際化
PHPコードを利用してWebアプリケーションを国際化する

第7回:Webアプリケーションをローカル化する 〜 HTML定義ファイル

著者:Carl McDade   2006/6/28
1   2  3  次のページ
HTML定義ファイル

   ここで、お待ちかねのテクニックを紹介します。その方法はとてもシンプルで、ユーザに親しみやすいものです。また、データベースも、特別なツールも、翻訳者にPHP ソース・コードを見せることさえもなく、編集することが可能です。

   コードは短く、様々なニーズに合わせて修正することも簡単です。PHPを利用することでこのテクニックを簡単に使うことができます。

HTML定義ファイルを使うことの欠点

   もちろん、この方法を使うことにも欠点があります。しかし、それは先に述べた典型的な定義ファイルを使う時と同様のものです。テキスト定義を使う時の問題の多くは、保存方法を変えること、リソース・ファイル内でPHPを使わないことで解決します。


リソースの作成

   まず、<p>タグを使って簡単なHTMLドキュメントを作る必要があります。この<p>タグ 内には、HTMLエディタを使用する際、分割されたテキスト・ブロックとして生成される変数の名前を指定します。

   コメント・タグは翻訳されたテキスト・ブロックを指定するために使われ、PHPの変数へと読み込まれます。この作業が終わり、体裁が整えられると、HTMLファイルはリスト2のようになります。

        リスト2


1   2  3  次のページ

PHPプログラマーズマガジン 書籍紹介
PHPプログラマーズマガジン

PHPプログラマーズマガジンは、PDF形式で読者の方にお届けするPHP言語(PHP: Hypertext Processor)専門誌です。 カナダMTA出版のphp|architect誌を日本語に翻訳し、独自の記事を加えて月刊でお届けしています。

発行:アシアル株式会社  価格:1,029円

 ご購入はこちら
http://www.asial.co.jp/magazine/
Carl McDade
著者プロフィール
Carl McDade
スェーデンに住むフリーランスのWeb開発者、兼プログラマー。Microsoftデータベース管理者の資格を持っており、1997年からWeb開発を行っています。開発期間のほとんどをドキュメント作成、コード作成、PHPコンテンツ管理システムの勉強に費やしています。Webサイト(http://www.hivemindz.com)で彼とコンタクトをとることができます。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第7回:Webアプリケーションをローカル化する 〜 HTML定義ファイル
HTML定義ファイル
  PHPコードの記述方法
  テキスト・エディタ
PHPコードを利用してWebアプリケーションを国際化する
第1回 Webアプリケーションの多言語対応
第2回 Webアプリケーションの国際化でデバッグ作業のリスクを減らすポイント
第3回 テキスト定義ファイルを用いたWebアプリケーションの国際化
第4回 テキスト定義ファイルを用いたWebアプリケーションの国際化 〜 その2
第5回 Webアプリケーションをローカル化するgettext関数
第6回 Webアプリケーションをローカル化するgettext関数 〜 その2
第7回 Webアプリケーションをローカル化する 〜 HTML定義ファイル