TOP比較データ> データベース管理作業項目




徹底比較!! Oracle & PostgreSQL
徹底比較!! Oracle & PostgreSQL

第9回:PostgreSQLの適用範囲を考える 〜 管理・運用編

著者:ミラクル・リナックス  高橋 強   2005/12/1
1   2  3  4  次のページ
データベース管理作業項目

   ベンチマークに続いては、DBA(データベース管理者)と呼ばれる方々の日々の仕事となるデータベースの管理・運用について比較してみたいと思います。まずデータベースの管理作業として、大きな項目をあげてみます。
  • セキュリティ・認証などの管理
  • ログ管理
  • バックアップ・リストア
  • 領域などの調整や監視
  • パフォーマンスチューニング

   分類の仕方は考え方によって様々あると思いますが、データベース管理者は上記のようなことを日々処理する必要があります。それではその中のいくつかについて、OracleとPostgreSQLでの違いを確認していきます。


バックアップ・リストア

   多くの場合、データベースには重要なデータが格納されています。そのデータはハードディスクに格納されますが、時折ハードディスク障害などの理由でそのデータを失う事態に見舞われます。しかし最近では、RAID機能などによって単一障害でいきなりデータをすべて失うというようなことは少なくなってきました。

   そうはいっても、データベース内のデータを失う原因はハードディスク障害のみならず、ユーザのオペレーション・ミスやアプリケーション側の動作不良(バグ)、DBMS内の障害による不整合なども考慮に入れておかねばなりません。そのような要件を踏まえ、障害時に必要なデータを迅速に復旧できるように管理者は常時備えておくことが必要です。

   つまりバックアップ方法とタイミング、世代管理など障害発生時に許容されるダウンタイムを考慮したバックアップ・リストアの方法を確立させなければなりません。特に商用システムで使用されるデータベースにおいては管理者の重要な義務であると言えます。

   一方で取得したバックアップを用いて、それを復元することが「リストア」または「リカバリ」です。どちらも「回復」という同じ意味で用いられることが多く、どちらでも間違いないと思いますが、どちらかといえば「リカバリ」は「一部の損傷に対する修復」といった意味で使用されることが多いと思います。またOracleのコマンドの「restore」と「recover」は、役割が違っていますので、本連載ではバックアップを用いて回復するための作業は「リストア」として表記します。

   修復後の状態を想定し、バックアップ採取の方法を決定するのがバックアップ設計時のベースとなります。バックアップ手順を設計したら、必ず全てのリストア手順を一通り実行し、望んだ状態へリカバリできることを確認してください。よくある話ですが、「バックアップはしているが、リストアは1度も行ったことがない」のでは備えとしては完全に失格です。復旧の手順を管理者が把握していないことがないように、予行演習は必ず行いましょう。

   このような一般的な考え方を押えた上で、OracleとPostgreSQLについてバックアップ関連の機能面を比較して見ましょう。

   残念ながらPostgreSQL(V7.4のレベル)で用意されているバックアップ手段はOracleと比較して多くはありません。Oracleの方はトランザクション・ログであるREDOログを用いたロールフォワード、フラッシュバックの機能(UNDO)でのロールバックのそれぞれの機能により、PITR(Point In Time Recovery)を実現しています。PostgreSQLにもWALと呼ばれるトランザクション・ログがありますが、こちらはリストアにはまだ(V8で対応)利用することができません。(トランザクション・ログについては本連載の第3回を参照してください)

1   2  3  4  次のページ


ミラクル・リナックス
著者プロフィール
ミラクル・リナックス株式会社  高橋 強
1993年某SIベンダへ入社後、Oracle、DB関連のコンサルティング、チューニング、社内案件の技術支援などを10年ほど担当。2004年ミラクル・リナックス株式会社へ入社。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第9回:PostgreSQLの適用範囲を考える 〜 管理・運用編
データベース管理作業項目
  コールド・バックアップ
  OEM dbconsoleを用いたRMANバックアップ実行の例
  OEM dbconsoleを用いたリストア(リカバリ)実行の例
徹底比較!! Oracle & PostgreSQL
第1回 データベースソフトウェアの選択基準とは
第2回 アーキテクチャ比較  プロセス構造の違い
第3回 アーキテクチャ比較  ファイル構造の違い PostgreSQLの特徴
第4回 PostgreSQLの適用範囲を考える 〜 機能比較
第5回 PostgreSQLの適用範囲を考える 〜 データ登録のパフォーマンス
第6回 PostgreSQLの適用範囲を考える 〜 データ検索のパフォーマンス
第7回 PostgreSQLの適用範囲を考える 〜 更新・削除のパフォーマンス
第8回 PostgreSQLの適用範囲を考える 〜 ベンチマークテスト
第9回 PostgreSQLの適用範囲を考える 〜 管理・運用編
商用&OSSデータベースの現状と今後
第1回 シェアの差はそのままデータベースの実力の差か?〜RDBMS各々のメリットとデメリット比較〜
第2回 止まらない安心&止まっても安心?〜有名ブランドだけが可用性を保証できるのか?
第3回 1台なら大丈夫。つないでいっても大丈夫?〜OSSのスケーラビリティの実際
第4回 商用 vs. OSSの単純な機能比較では話にならない 〜 データベースのセキュリティを考える
第5回 ホントにつながる?商用とOSSの異種データベース接続を見てみよう
第6回 「バックアップとは何か」から見た、商用 vs OSSデータベースの違いとは?
第7回 ラクする?こだわる?データベースのパフォーマンスチューニング