TOP比較データ> 企業情報システムとHAクラスタ




徹底比較!!クラスタソフトウェア
徹底比較!!クラスタソフトウェア

第4回:企業情報システムとともに進化するClusterPerfectシリーズ

著者:東芝ソリューション  望月 進一郎   2005/12/7
1   2  3  次のページ
企業情報システムとHAクラスタ

   企業情報システムは時代とともに変わってきています。70年代はメインフレームによる集中処理が中心でしたが、80年代後半からはオープンサーバを活用した分散コンピューティングに移ってきました。そして現在はリソースを有効活用し、運用管理コストを下げるサーバコンソリデーションが注目されています。

   分散コンピューティング環境で広く用いられるようになったのが、HAクラスタです。「ミッションクリティカルには使えない」といわれたオープンサーバの可用性を、飛躍的に高めました。そしてサーバコンソリデーション環境になって、HAクラスタの重要性は益々高くなっています。ただし、HAクラスタソフトウェアに求められる機能は、大きく変化しているといえます。

   従来のITシステムにおいて個々のサービス(データベースサービス、アプリケーションサービスなど)は、ハードウェアと一体で設計・構築されるため、HAクラスタもサービスごとに構築されてきました。

   これに対してサーバコンソリデーション環境では、様々なサービスを企業内で標準化したプラットフォーム(例えばブレードサーバやサーバ内のパーティション)で動かす、すなわちサービスとハードウェアの自由度が高くなったため、HAクラスタもサービス単位からシステム単位で考えられるようになってきています。こうすることで運用管理の効率を高め、リソースの有効活用をはかることが可能になります。

分散コンピューティング環境とサーバコンソリデーション環境におけるHAクラスタ
図1:分散コンピューティング環境とサーバコンソリデーション環境におけるHAクラスタ
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)


マルチプラットフォームに対応したClusterPerfect

   1994年以来、オープンサーバのHAクラスタソフトウェアとしてClusterPerfectを開発・販売しています。

   ClusterPerfectはWindows、Linux、Linux on POWER、Solaris、HP-UXといった主要なプラットフォームに対応しており、オープンシステムに最適なクラスタソフトウェアです。

   ClusterPerfectは開発当初から、「できるだけプラットフォームに依存した作りをしない」「依存させなければいけないときは、局所化させる」という思想で設計しているため、多様なプラットフォームのサポートが可能です。


共有ディスクの排他制御

   また様々なストレージをサポートするために、共有ディスクの排他制御には、3つのレベルを用意しています。

レベル0 クラスタソフトウェアによるソフトウェアレベルの排他制御
レベル1 SCSIリザーブ/リリースによるハードウェアレベルの排他制御
レベル2 ストレージベンダー固有機能によるハードウェアレベルの排他制御

表1:共有ディスクの排他制御のレベル

1   2  3  次のページ


東芝ソリューション株式会社 望月 進一郎
著者プロフィール
東芝ソリューション株式会社  望月 進一郎
オフコンのOS開発からスタートして、その後5年間シリコンバレーでソフトウェア開発とマーケティングを担当。現在はClusterPerfectの商品企画。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第4回:企業情報システムとともに進化するClusterPerfectシリーズ
企業情報システムとHAクラスタ
  サーバコンソリデーションに最適なClusterPerfect EX
  自律型コンピューティングへの対応
徹底比較!!クラスタソフトウェア
第1回 クラスタソフトウェアの導入にあたって
第2回 日本が生んだ、ビジネスを守る信頼のブランド「CLUSTERPRO」
第3回 GUI操作だけでHAクラスタが構成できる「LifeKeeper」
第4回 企業情報システムとともに進化するClusterPerfectシリーズ
第5回 富士通の高信頼基盤ソフトウェア「PRIMECLUSTER」
第6回 Serviceguard for Linuxで実現するHAクラスタ
第7回 Red Hat Cluster Suiteの紹介
第8回 Windows Serverにおけるクラスタソフトウェアの進化
第9回 オープンソースソフトウェアの「Heartbeat」によるHAクラスタ
第10回 クラスタソフトウェア導入に際しての注意点
LifeKeeperのすべて
第1回 HAクラスタの基本とLifeKeeper
第2回 LifeKeeper for Linuxのインストール
第3回 LifeKeeper for Linuxの操作
第4回 LifeKeeper for Windowsのインストール
第5回 LifeKeeper for Windowsの操作(前編)
第6回 LifeKeeper for Windowsの操作(後編)
第7回 共有ファイルシステム「LKDR」と「DRBD ARK」
第8回 MySQL/OracleとLifeKeeperによるHAクラスタ化
第9回 LifeKeeperのコマンドライン操作
第10回 Microsoft SQL ServerとLifeKeeperによるHAクラスタ化
第11回 LifeKeeper Data Replication For WindowsとDisk-to-Disk Backup
第12回 様々なアプリケーションのHAクラスタ化を実現するGeneric ARK
第13回 ハードウェア冗長化
第14回 LifeKeeperの管理 - ログの確認方法とSNMPの設定
第15回 LifeKeeperの今後のロードマップと展望
HAクラスタソフトウェアの市場動向
市場からみるHAクラスタソフトウェアの採用動向