TOPプロジェクト管理> コスト管理の構造とコスト&精度




即活用!企業システムにおけるプロジェクト管理
「即活用!企業システムにおけるプロジェクト管理」

第4回:コスト管理の構造と見積手法

著者:システムインテグレータ  梅田 弘之   2004/12/20
1   2  3  4  次のページ
コスト管理の構造とコスト&精度

   PMBOK(Project Management Body Of Knowledge)のコスト管理は、計画段階で「資源計画」「コスト見積」「予算設定」という3つのプロセス、実行段階で「コスト管理」というプロセスに分類されています(第3回 表1参照)。資源計画の資源とは、ソフトウェア開発の場合だとほとんどが「人的資源(リソース)」となりますが、開発・テスト環境やツール類なども、必要なら忘れずにコスト要因として加えてください。


見積コストと見積精度のバランス

   「開発コストの見積精度を高める」ということは、システムインテグレータ企業にとって永遠のテーマです。高く見積れば競争力を失うし、低く見積れば赤字プロジェクトになってしまいます。そのため「すばらしい見積手法・ツールを得て、正確な見積ができるように」と願うのですが、青い鳥と同じくそんな魔法のツールはありません。しかし、だからと言っていつまでも"どんぶり見積"のままで良いわけもありません。少しでも見積精度を向上しようという努力・アプローチは決して無駄になりませんし、それが企業の競争力につながるのです。

   見積精度を上げるためには、そのための情報と作業工数が必要になります。しかし一般にSIerは、ユーザーのシステム部門に比べて見積算出時に得られる情報は少ないというのが普通です。また、見積作業にかかる工数も対価としてもらえない事が普通なので、見積作業に多くの時間をかけるわけにもいきません。その上、必要な情報と見積作業時間を十分得たとしても、それで精密な見積ができる保証もありません。そのため、見積作業に要するコストと見積精度のバランスの中で、効率の良い見積手法が必要とされるのです。

1   2  3  4  次のページ


システムインテグレータ
著者プロフィール
株式会社システムインテグレータ  梅田 弘之
東芝、住商情報システムを経て1995年にシステムインテグレータ社を設立。 常駐・派遣主体の労働集約的な日本のソフトウェア業の中で、創造性にこだわってパッケージビジネスを行っている。 国際競争力のない日本のIT産業が、ここから巻き返しを図るための切り札は「プロジェクト管理」だと信じ、実践的なプロジェクト管理手法「PYRAMID」を自社開発している。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第4回:コスト管理の構造と見積手法
コスト管理の構造とコスト&精度
  見積手法の種類(1)
  見積手法の種類(2)
  実行中のコストトラッキング
「即活用!企業システムにおけるプロジェクト管理」
第1回 プロジェクト管理力を強化するための具体的プラン
第2回 PMBOKをベースにしたプロジェクト管理の管理
第3回 スコープ管理とスケジュール管理
第4回 コスト管理の構造と見積手法
第5回 品質管理
第6回 組織管理
第7回 コミュニケーション管理
第8回 リスク管理
第9回 調達管理(外注管理)
関連記事 : 即活用!業務システムの開発ドキュメント標準化
第1回 開発ドキュメント体系と業務フロー
第2回 機能一覧表とI/O関連図
第3回 基本設計書
第4回 詳細設計書(前半)
第5回 詳細設計書(後半)
第6回 単体テスト仕様書&報告書
第7回 結合テストと総合テスト
第8回 要求仕様書の標準化プロセス
関連記事 : 即活用!ツールを活用したデータモデリング
第1回 ソフトウェア産業に産業革命を起こすデータモデリング
第2回 ERの基礎知識とツールの活用法
第3回 日本語名の是非とデータ型採用方針
第4回 制約の使い方、Unicode使用可否、明細テーブルの設計
第5回 教科書的ではなく、現場にあったデータベース設計のコツ