TOP設計・移行・活用> Eclipse BIRTの特徴




Eclipse BIRT
Eclipseが提供するBIとレポーティングツール

第1回:インストールからはじめるEclipse BIRT
著者:ビーブレイクシステムズ  川本 博之   2006/2/9
前のページ  1  2   3  次のページ
Eclipse BIRTの特徴

   Eclipse BIRTを使用してのレポート作成では、ドラッグアンドドロップなどのシンプルな動作によってテーブルやリストなどを容易にレポートに組み込むことができます。

   またテンプレートを指定すれば、すでにレイアウトされたレポートにデータを入力するだけでレポートの作成が可能です。

   表2にEclipse BIRTの主な特徴をあげます。

データ出力
複数のテーブルや複数のデータソースからのデータセットを1つのレポートに出力することが可能であり、またデータソースとしてJDBC、XML、フラットファイル(CSVなど)、自ら作成したJavaオブジェクトも指定できます

データ変換
データのソート、サマリ、フィルタリング機能。例えば単純なSQL結果をユーザのニーズにあわせ、レポート内部でソートしたり、グルーピングして出力することが可能です

ビジネスロジック
業務独自のロジックによりデータを加工する必要がある場合、Eclipse BIRTのJavaScript機能が利用できます。また、作成しているJavaアプリケーションからロジックを呼び出すことも可能です

プレゼンテーション
データソースより取得した単一のデータセットをテーブル、グラフ、チャート、その他さまざまな形式で出力できます

表2:Eclipse BIRTの主な特徴

   この他にも複数のレポートを1枚のレポートに出力するサブレポートやCSSインポート機能、イベントハンドラの使用などがあります。

   これらの機能を利用することにより、レポートには柔軟性と拡張性が生まれます。それはすなわち顧客の複雑な要件を満たし、要件変更にも対応し得るレポートの作成が可能となります。


ダウンロード

   では実際にEclipse BIRTをインストールしてみましょう。

   本連載ではWindows 98/ME/2000/XP環境を前提とし、表3にあげたパッケージをダウンロードして、インストールします。

  • JDK1.5.0
  • Eclipse SDK 3.1.1(eclipse-SDK-3.1.1-win32.zip)
  • Graphics Editor Framework(GEF)runtime 3.1(GEF-runtime-3.1.1.zip)
  • Eclipse Modeling Framework(EMF)runtime 2.1(emf-sdo-runtime-2.1.2.zip)
  • Eclipse BIRT 2.0(birt-report-framework-2_0_0.zip)
  • Apache Axis(axis-bin-1_2_1.zip)
  • iText 1.3(itext-1.3.jar)
  • prototype.js

表3:ダウンロードするファイル

   これらはEclipse BIRTプロジェクトのダウンロードページよりダウンロードが可能です。

ダウンロードサイト(Latest BIRT Builds)
図2:ダウンロードサイト(Latest BIRT Builds)


   また、Eclipse BIRTを動作させるにはEclipse 3.1以降が必要になりますので注意してください(Eclipse BIRTはEclipse2.xでの動作は保証されていません)。

   Eclipse 3.1以降をインストールしていない場合は「Eclipse3ではじめるJava Webアプリケーション開発」の記事を参考にインストールおよび設定を行ってください。

前のページ  1  2   3  次のページ


株式会社ビーブレイクシステムズ  川本 博之
著者プロフィール
株式会社ビーブレイクシステムズ  川本 博之
Javaスペシャリスト。前職ではJava専業ソフトウェアハウスにおいてプロジェクトリーダーとして活躍。現職ではオープンソースに関する技術の研究活動を日々行なう。常に、ビジネス設計を意識したユーザが使いやすいシステム構築を心掛けている。


INDEX
第1回:インストールからはじめるEclipse BIRT
  はじめに
Eclipse BIRTの特徴
  インストール