TOP設計・移行・活用> インストール




Eclipse BIRT
Eclipseが提供するBIとレポーティングツール

第1回:インストールからはじめるEclipse BIRT
著者:ビーブレイクシステムズ  川本 博之   2006/2/9
前のページ  1  2  3
インストール

   それぞれのファイルのインストールを行います。本連載ではEclipseインストールディレクトリを「%ECLIPSE_HOME%」とします。
GEF、EMF、BIRT
圧縮ファイルを解凍するとeclipseディレクトリ付きで展開されるので、そのまま%ECLIPSE_HOME%へ上書き

Axis
解凍後libフォルダ内にある6つのjarファイル(axis.jar、axis-ant.jar、commons-discovery-0.2.jar、jaxrpc.jar、saaj.jar、wsdl4j-1.5.1.jar)を%ECLIPSE_HOME%/plugins/org.eclipse.birt.report.
viewer_2.0.0/birt/WEB-INF/libへコピー

iText
itext-1.3.jarを%ECLIPSE_HOME%/plugins/org.eclipse.birt.report.
engine.emitter.pdf_2.0.0/libへコピー

prototype.js
jsファイルを%ECLIPSE_HOME%/plugins/org.eclipse.birt.report.
viewer_2.0.0/birt/ajax/libへコピー

表4:インストール手順

   表4のインストール手順は下記のURLから確認することができます。


   Eclipseを起動し、メニューバーから「ウィンドウ → パースペクティブを開く → その他」の項目に「レポートデザイン」が表示されていれば成功です(図3)。

インストールの成功画面
図3:インストールの成功画面

   以上でEclipse BIRTの動作環境は構築できましたが、加えて今回はDB上のデータをHTML形式でレポート出力しますので、APサーバ、DBMS、JDBCドライバとして表5のパッケージをインストールします。

  • Tomcat 5.5.15
  • MySQL 5.0
  • MySQL Connector/J 3.1.11

表5:HTML形式でレポートを出力する際に必要なファイル

   すべてのインストールが終了したEclipseの画面は図4のようになります。

インストール後のEclipseの画面
図4:インストール後のEclipseの画面
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   以上でインストールは完了です。


まとめ

   今回はEclipse BIRTの概要とEclipse BIRTの動作環境構築までを解説しました。

   次回は実際にEclipse BIRTを使用してレポートを作成し、Eclipse BIRTの様々な機能に迫っていきます。

前のページ  1  2  3


株式会社ビーブレイクシステムズ  川本 博之
著者プロフィール
株式会社ビーブレイクシステムズ  川本 博之
Javaスペシャリスト。前職ではJava専業ソフトウェアハウスにおいてプロジェクトリーダーとして活躍。現職ではオープンソースに関する技術の研究活動を日々行なう。常に、ビジネス設計を意識したユーザが使いやすいシステム構築を心掛けている。


INDEX
第1回:インストールからはじめるEclipse BIRT
  はじめに
  Eclipse BIRTの特徴
インストール