TOP設計・移行・活用> はじめに




Eclipse TPTP
Eclipseでテストとパフォーマンス検証

第1回:Eclipse TPTPのインストール
著者:ビーブレイクシステムズ  益原 祐介   2005/10/11
1   2  3  次のページ
はじめに

   皆さん、はじめまして。本連載を担当するビーブレイクシステムズの益原です。

   本連載では、テストとパフォーマンス向けのツール開発用フレームワークと標準機能を提供する「Eclipse Test and Performance Tools Platform」(以下Eclipse TPTP)をテーマとして取り上げます。第1回目は、Eclipse TPTPの概要とインストール方法を解説します。

   システム開発では設計段階から品質の保証について考慮しますが、やはりテストやパフォーマンス検証がその要であることは間違いありません。開発工数全体の3〜5割を占めるともいわれることからも、その重要性をはかりしることができます。

   しかし「テストやパフォーマンス検証を行う時間を十分に確保できるか」というと、必ずしもそうではありません。

   なぜならシステム開発には品質だけではなく、納期やコストといった要素も重要だからです。もし実装の遅れや仕様変更などによって手戻りが発生すれば、テストやパフォーマンス検証のフェーズにしわ寄せが来ますので、当初の計画通りの品質を保証するためには時間か人員(またはその両方)をより多く確保しなければなりません。

   したがって、納期やコストを極力犠牲にしないで品質を保証するには、テストやパフォーマンス検証を効率よく行う必要があります。

   今回取り上げるEclipse TPTPは、テストとパフォーマンスツールを作成するためのプラットフォームです。また、Eclipse TPTPをインストールすることによって図1〜3のような機能を使用することが可能になります。

Eclipse TPTPを使用したJUnitテストの実行
図1:Eclipse TPTPを使用したJUnitテストの実行
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

Eclipse TPTPを使用したアプリケーションのプロファイリング
図2:Eclipse TPTPを使用したアプリケーションのプロファイリング
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

Eclipse TPTPを使用したログの分析
図3:Eclipse TPTPを使用したログの分析
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   これらの機能はすべて共通のUIによって容易に利用可能で、様々なツールを連携させる手間も省けますので、効率だけではなくコスト面でも改善が期待できます。

   本連載ではEclipse TPTPを使用したテストの自動作成、アプリケーションのパフォーマンス測定、ログの分析に焦点を当てたいと思います。

1   2  3  次のページ


株式会社ビーブレイクシステムズ 益原 祐介
著者プロフィール
株式会社ビーブレイクシステムズ  益原 祐介
Javaスペシャリスト
九州大学文学部卒業。在学中は考古学の研究、遺跡の発掘作業を行う。その後、情報システムに興味を持ちビーブレイクシステムズに入社。徹底した社内教育によりJavaエンジニアとなる。現在は社内技術レポートの執筆や技術雑誌への寄稿を行い、社内の技術力の向上に貢献。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第1回:Eclipse TPTPのインストール
はじめに
  Eclipse TPTPとは
  エージェントコントローラのインストールと起動
Eclipseでテストとパフォーマンス検証
第1回 Eclipse TPTPのインストール
第2回 Eclipse TPTPでJUnitテスト
第3回 アプリケーションのプロファイリングを行う
第4回 プロファイリングの詳細を見る
第5回 Eclipse TPTPでログの分析をする
第6回 ログファイルのパーサを作成する