TOP設計・移行・活用> はじめに




Eclipse WTPによる標準開発ツールの提供
Eclipse WTPによる標準開発ツールの提供

第4回:Eclipse WTPのエディタとその他のツール
著者:ビーブレイクシステムズ  富岡 隆幸   2005/12/16
1   2  3  次のページ
はじめに

   こんにちは、ビーブレイクシステムズの富岡です。プログラミングという作業は、テキストを作成/編集する作業です。その作成/編集作業に欠かせないのがエディタであり、エディタの能力が開発効率を作用する大きな要素になります。

   Eclipse WTPのエディタは強力な機能をもち、Webシステム開発における多くの種類の言語に対応できるものとなっています。今回はそれらについて触れながら、説明していきたいと思います。

   サンプルについては、HTMLページからフォームで入力した値をJSPで再表示するといった、簡単なものとなっています。


HTMLエディタで編集する

   はじめに、HTMLファイルを作成することから出発します。J2EEパースペクティブ上で第2回に作成した「Sampleプロジェクト」を右クリックし、「新規 → HTML」を選択してください。次に、「新規HTMLページ」ウィザードが表示されるので「親フォルダーを入力または選択」欄に格納するフォルダ名、「ファイル名」欄にファイル名を入力します。今回は、フォルダ名に”Sample/WebContent”、ファイル名に”index.html”と入力します。入力を終了したら、「次へ」ボタンをクリックします。

   次に、図1のような「HTMLテンプレートの選択」が表示されますので、このページでは、新規作成されるファイルのテンプレートを選択します。また、ここではデフォルトのテンプレートだけでなく、「設定」ページにて事前に作成したものを登録しておくことにより、自ら作成したものを利用することも可能です。今回は、「新規HTMLファイル(暫定)」を選択し(図1の1)、「終了」ボタンをクリックしてください(図1の2)。すると、テンプレートをベースにファイルが新規生成されます。

「HTMLテンプレートの選択」画面
図1:「HTMLテンプレートの選択」画面

   次に、生成したHTMLファイルは自動的にHTMLエディタで開かれるので編集を開始します。サンプルで作成するHTMLファイルは次のようになります。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<html><head><meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
<title>sample</title>
</head>
<body>
あなたの名前を入力してください。
<br><br>
<form action="result.jsp" method="post">
<input type="text" name="username" >
<input type="submit" value="入力" >
</form>
</body>
</html>
コードアシスト機能を使う

   テンプレートによりほとんどがはじめから入力されていますが、途中に<br>を入力する必要があります。<br>を入力する際に普通に入力しようとせず、「Ctrl + Space」を押してください。

   すると、図2のようにコードアシスト機能によりタグの候補が出現します。この表示された候補の中から矢印キーで選んで「Enter」キーを押すと、選んだものがエディタに自動的に入力された状態になります。

   しかしこのままでは、すべての候補が表示されてしまっているので絞り込んだほうが簡単になります。例えば今回の場合、「b」と入力すると「b」で始まるタグの候補のみに絞られてくるので、ある程度のところまで絞り込まれたら矢印キーで「<>br」選択して「Enter」キーを押してください。「<br>」という文字がエディタに入力されます。

HTMLエディタ コードアシスト機能
図2:HTMLエディタ コードアシスト機能
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   また、「設定」ページにて事前に登録することによりコードアシストの中にテンプレートを出現させることが可能です。よく使われる表現を登録しておいて、コードアシスト機能を発動させることにより簡単に入力ができてしまいます。

   見てわかるとおり、タグやキーワードなどに該当する文字列は、通常の文字とは色が変わっているので識別しやすくなっています。

1   2  3  次のページ


株式会社ビーブレイクシステムズ 富岡 隆幸
著者プロフィール
株式会社ビーブレイクシステムズ  富岡 隆幸
大学卒業後、一貫してWebアプリケーションの開発に従事。
その後、オープンソースの可能性に惹かれビーブレイクシステムズに入社し現在に至る。目下、ソフトウェアアーキテクチャの勉強中。最近はアジャイル開発とSpringなどのDIが関心事。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第4回:Eclipse WTPのエディタとその他のツール
はじめに
  JSPエディタで編集する
  その他のツール
Eclipse WTPによる標準開発ツールの提供
第1回 Eclipse WTPの概要とインストール
第2回 Eclipse WTPでHello World
第3回 Eclipse WTPのDB系ツールを使う
第4回 Eclipse WTPのエディタとその他のツール
Eclipseが提供するBIとレポーティングツール
第1回 インストールからはじめるEclipse BIRT
第2回 データベースのデータをレポートに出力しよう
第3回 レポートを作成しよう
第4回 スクリプティング機能・Tomcatでのプレビュー・レポートエンジンを使用したレポート出力
Eclipse実践プラグイン開発
第1回 Eclipseとプラグイン
第2回 プラグインの配布とインストール
第3回 基本的なGUIコンポーネントの利用
第4回 JFaceのGUIコンポーネント
第5回 メニューとポップアップ・メニューの拡張
第6回 ビューの拡張
第7回 エディタの拡張
第8回 パースペクティブの拡張
第9回 プロパティと設定の拡張
Eclipse3ではじめるJava Webアプリケーション開発
第1回 Eclipse3の概要とインストール
第2回 Eclipse3の基本機能
第3回 Eclipse3の基本操作を憶えよう
第4回 Eclipseの便利な機能
第5回 Webアプリケーションの開発(1)〜JSP作成〜
第6回 Webアプリケーションの開発(2)〜サーブレットの作成〜
第7回 データベースの利用
第8回 フレームワークの利用
第9回 O/Rマッパーの利用
第10回 JUnitの利用
第11回 Antの利用
第12回 CVSの利用(1)
第13回 CVSの利用(2)