TOP設計・移行・活用> その他のツール




Eclipse WTPによる標準開発ツールの提供
Eclipse WTPによる標準開発ツールの提供

第4回:Eclipse WTPのエディタとその他のツール
著者:ビーブレイクシステムズ  富岡 隆幸   2005/12/16
前のページ  1  2  3
その他のツール

   本連載では、Eclipse WTPの入り口として最もスタンダードなWeb系の開発を想定したツールの紹介を行いましたので、紹介しなかったツールが多数あります。これらの中には目を引くものがいろいろと用意されているので、図を交えながら残りのツールも紹介したいと思います。
XMLエディタ

   XMLエディタは、図10のようにツリー構造でビジュアル的にXMLを編集可能になっています。またエディタの下のほうにある「ソース」タブをクリックすれば、通常のエディタのように編集可能です。

   そしてまた、エクスプローラ上のXMLファイルで右クリックし、表示された「XMLファイルの妥当性検査」というコマンドをクリックすると、XMLファイルの妥当性を検証可能です。

XMLエディタ
図10:XMLエディタ
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)


「サーバー」ビュー

   「サーバー」ビューでは、サーバへのモジュール追加や変更などを手動で行うことなどが可能です。

「サーバー」ビュー
図11:「サーバー」ビュー
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)


XMLスキーマエディタ

   XMLスキーマも直感的に編集可能です。

XMLスキーマエディタ
図12:XMLスキーマエディタ
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)


まとめ

   最終回の今回はエディタ系を中心に紹介を行いました。プログラミングの基本となる強力なエディタの機能がEclipse WTPには備わっており、対応言語も今回紹介したもの以外に、CSS、JavaScript、DTDなどあるので、申し分ありません。

   Eclipse WTPには本連載に登場しなかったツールがまだまだ存在しますので、残りのツールについては公式Webサイトで確認して、是非使ってみてください。使ってみることで良さも悪さも見えてきます。

   短期開発のプロジェクトが多くなる中で、開発作業の効率を左右する開発ツールはとても重要な存在であり、ツールの良し悪しでプロジェクトの成否が左右されるといってもよいかもしれません。そういった中でEclipse WTPが果たす役割は大きいものではないでしょうか。

   ここまで本連載にお付き合いいただき、ありがとうございました。この記事が皆さんの開発業務のお役に立てれば幸いです。

前のページ  1  2  3


株式会社ビーブレイクシステムズ 富岡 隆幸
著者プロフィール
株式会社ビーブレイクシステムズ  富岡 隆幸
大学卒業後、一貫してWebアプリケーションの開発に従事。
その後、オープンソースの可能性に惹かれビーブレイクシステムズに入社し現在に至る。目下、ソフトウェアアーキテクチャの勉強中。最近はアジャイル開発とSpringなどのDIが関心事。


INDEX
第4回:Eclipse WTPのエディタとその他のツール
  はじめに
  JSPエディタで編集する
その他のツール