TOP設計・移行・活用> はじめに




LifeKeeperのすべて
LifeKeeperのすべて

第11回:LifeKeeper Data Replication For WindowsとDisk to Disk Backup
著者:サイオステクノロジー クラスタソリューショングループ
監修者:サイオステクノロジー  小野寺 章   2006/2/3
1   2  3  4  次のページ
はじめに

   本連載ではこれまでにLifeKeeper for Windowsのインストールと設定、Microsoft SQL ServerのHAクラスタ化について紹介してきた。今回はLifeKeeper Data Replication For Windows(以下、LKDR)とDisk to Disk Backup(以下、D2D)について紹介していく。

   LKDRはボリューム単位でデータ領域のミラーリング機能を提供するソリューションで、プライマリサーバ上のソースボリュームをネットワーク経由でセカンダリサーバ上のターゲットボリュームにミラーリングする機能や、ローカルボリューム間でのミラーコピーの作成機能を提供する。

   またLKDRは、LifeKeeper for Windowsと組み合わせることにより共有ストレージを使用しない低コストな2ノードクラスタや、遠隔地へセカンダリサーバを配置してサイト全体の障害に対応するディザスターリカバリ・クラスタが構築可能である。

   もう一方のD2DはLKDRの提供するデータレプリケーション機能を使用したバックアップソリューションで、LKDRで行うデータレプリケーション操作をスクリプトで実行する。また、Windowsサーバの持つスケジュール機能と組み合わせて使用することで、バックアップ・ジョブとして同一システム上、または別のシステム上のボリュームにコピーを作成することが可能となる。

   これらで作成したバックアップデータはディスクに保存するので、テープ装置に比べて高速にバックアップを行えるため、本番業務の停止時間を最小限にすることが可能である。ディスクへバックアップされたデータは本番ジョブに影響を与えることなく、ゆっくりとテープ装置などの外部メディアへ退避可能である。


LKDR機能概要

   LKDRは2種類のデータレプリケーションが可能である(表2)。

リモートレプリケーション
最も基本となるレプリケーション構成である。ターゲットボリュームを複数選択することで1:nのレプリケーションも可能である。
ローカルレプリケーション
ローカルシステム上のボリュームを同一システム上の別のボリュームにコピーする構成である。

表1:可能なデータレプリケーション

データレプリケーション
図1:データレプリケーション


同期ミラーリングと非同期ミラーリング

   LKDRはミラーボリュームを作成する際に、同期ミラーリングか非同期ミラーリングのいずれかを選択できる。どちらのミラーリング方式を選択するかはアプリケーションの要件やシステム機能要件に依存するが、それぞれの方式を機能的な違いから説明する。


同期ミラーリング

   同期ミラーリングの場合、アプリケーションからの書き込み要求はまずターゲットボリュームに転送され、ターゲットボリュームに書き込まれる。ターゲットボリュームへの書き込みが正常に完了したことをローカルシステムが確認するとソースボリュームへの書き込みが行われ、アプリケーションの書き込み要求が完了する。

   もし書き込み途中にローカルシステムが障害となった場合でも、リモートシステム上のデータとの整合性は常に保たれる。


非同期ミラーリング

   非同期ミラーリングでは、アプリケーションからの書き込み要求は、まずソースボリュームに書き込まれる。次に、書き込んだブロックのコピーがリモートシステムへ転送されターゲットボリュームに書き込まれる。非同期ミラーリングはソースボリュームに書き込み後、直ちにアプリケーション書き込み要求が完了するため、同期ミラーリングに比べてパフォーマンスに優れている。


インテント・ログ

   LKDRはインテント・ログと呼ばれるログ機能があり、ターゲットボリュームにコミットされていない書き込み要求の記録を保持している。インテント・ログはプライマリサーバのシステム領域に配置されており、インテント・ログを使用することで、ミラーリングの一時停止や再開をミラーリングの完全再同期を行うことなく実行できる。

   また障害時の復旧においても、コミットされていないデータのみのコピーを行うので非常に高速なリカバリが可能となる。

1   2  3  4  次のページ

リファレンスサイトの紹介
本連載のリファレンスとなるWebサイトです。本連載に対するご意見、ご要望などもお寄せください。

■LifeKeeper製品詳細情報
http://www.10art-ni.co.jp/product/lifekeeper/

■SteelEye Technology Inc.(開発元)
http://www.steeleye.com

■LifeKeeperに関するお問合せ
https://www.10art-ni.co.jp/contact/form-lifekeeper_ssl.html
サイオステクノロジー株式会社 クラスタソリューショングループ
著者プロフィール
サイオステクノロジー株式会社 クラスタソリューショングループ
サイオステクノロジーにおいて、SteelEye LifeKeeperの技術サポートや構築支援を行うエンジニア集団。日本国内で、彼ら以上にLifeKeeperを知る者たちはいないと自負している。世の中のすべてのHAクラスタがLifeKeeperになることを夢見て日々奮闘を続けている。


サイオステクノロジー株式会社 小野寺 章
監修者プロフィール
サイオステクノロジー株式会社  小野寺 章
インフラストラクチャービジネスユニット
エンタープライズソリューション部 部長
国産汎用機メーカに入社し、汎用機のSEを10数年担当、1994年頃からオープン・ダウンサイジングブームの到来とともにUNIX系OSを担当し、Solaris、HP/UXでSun Cluster、Veritas Cluster、MC/ServiceGuardなどを使用した、多数のミッションクリティカルシステムのHAシステム構築に従事。2001年ノーザンライツコンピュータ(現サイオステクノロジー)へ入社後、SteelEye LifeKeeperの総責任者としての国内での販売・サポート業務に従事。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第11回:LifeKeeper Data Replication For WindowsとDisk to Disk Backup
はじめに
  LKDRの要件
  ターゲットボリュームの選択
  Disk to Disk Backupの設定
LifeKeeperのすべて
第1回 HAクラスタの基本とLifeKeeper
第2回 LifeKeeper for Linuxのインストール
第3回 LifeKeeper for Linuxの操作
第4回 LifeKeeper for Windowsのインストール
第5回 LifeKeeper for Windowsの操作(前編)
第6回 LifeKeeper for Windowsの操作(後編)
第7回 共有ファイルシステム「LKDR」と「DRBD ARK」
第8回 MySQL/OracleとLifeKeeperによるHAクラスタ化
第9回 LifeKeeperのコマンドライン操作
第10回 Microsoft SQL ServerとLifeKeeperによるHAクラスタ化
第11回 LifeKeeper Data Replication For WindowsとDisk-to-Disk Backup
第12回 様々なアプリケーションのHAクラスタ化を実現するGeneric ARK
第13回 ハードウェア冗長化
第14回 LifeKeeperの管理 - ログの確認方法とSNMPの設定
第15回 LifeKeeperの今後のロードマップと展望
徹底比較!!クラスタソフトウェア
第1回 クラスタソフトウェアの導入にあたって
第2回 日本が生んだ、ビジネスを守る信頼のブランド「CLUSTERPRO」
第3回 GUI操作だけでHAクラスタが構成できる「LifeKeeper」
第4回 企業情報システムとともに進化するClusterPerfectシリーズ
第5回 富士通の高信頼基盤ソフトウェア「PRIMECLUSTER」
第6回 Serviceguard for Linuxで実現するHAクラスタ
第7回 Red Hat Cluster Suiteの紹介
第8回 Windows Serverにおけるクラスタソフトウェアの進化
第9回 オープンソースソフトウェアの「Heartbeat」によるHAクラスタ
第10回 クラスタソフトウェア導入に際しての注意点
HAクラスタソフトウェアの市場動向
市場からみるHAクラスタソフトウェアの採用動向