TOP設計・移行・活用> 連載の総括




LifeKeeperのすべて
LifeKeeperのすべて

第15回:LifeKeeperの今後のロードマップと展望
著者:サイオステクノロジー  羽鳥 正明   2006/3/3
1   2  3  4  次のページ
連載の総括

   これまで14回にわたり、LifeKeeperについて技術的な観点で連載してきた。続けてお読みになった方には、LifeKeeperがLinuxならびにWindowsの両環境において、様々なアプリケーションやハードウェアの冗長化を実現できることがおわかりいただけたと思う。これだけの多くのアプリケーションをオプションで簡単に対応できるHAクラスタソリューションはLifeKeeper以外にあまりないのではと思う。

   最終回の今回は、現在計画されている今後の開発予定(ロードマップ)をご紹介しながら、今後のLifeKeeperとHAクラスタ市場の動向について総括していく。

   LifeKeeperのインフラとなるものは、基本的にIAサーバであるが、現在のLifeKeeper for Linuxのサポート対象プロセッサは、x86からEM64T、AMD64といった現在主流となっている64bit環境に加え、Itanium 2、POWERといった、Linuxが今後浸透すると予想される領域まで網羅している(詳しくはRelease Notesを参照していただきたい)。

   今後のIAサーバならびにHAクラスタ市場を予想する上での重要なキーワードとして、「スケーラビリティ」「仮想化技術」「災害復旧」の3つを取り上げる。


スケーラビリティ

   1プロセッサの処理能力が飛躍的に向上していることやアプリケーションの64bit対応が進んできていることもあり、より高度な業務を担うようになってくると、それとともにHAクラスタのニーズが増加してくると考えられる。

   例えばSAP R/3というERP(Enterprise Resource Planning)ソリューションは、Windowsサーバでの構築が多い。R/3は全社の社内システムを統合することが可能で、発想自体がスケーラブルなソリューションであるため、構築の際には冗長化を考慮する必要がある。

   アメリカではすでに発表になっているのだが、LifeKeeper for Windowsでは「LifeKeeper Protection Suite for SAP on Windows」というラインアップが追加され、WindowsサーバでのSAP R/3構築におけるトータルかつパーフェクトな堅牢システムを実現する。当製品は弊社にて近日販売開始する予定である。

LifeKeeper Protection Suite for SAP on Windowsの構成例
図1:LifeKeeper Protection Suite for SAP on Windowsの構成例

   また、2006年2月にマイクロソフトより久々にMicrosoft SQL Serverの新バージョンが販売開始になったが、信頼性やセキュリティが強化され、今後のWindowsサーバのデータベース利用に大きな役目を果たすと考えられる。

   LifeKeeperはすでにMicrosoft SQL Server 2000に対応しているが、近日中にMicrosoft SQL Server 2005のサポートを開始する予定である。MS SQL Server 2005の機能強化として、64bitに対応したことがあげられる。LifeKeeperにて64bitのサポートするかについては、今後の市場動向を踏まえ検討される予定である。

1   2  3  4  次のページ

リファレンスサイトの紹介
本連載のリファレンスとなるWebサイトです。本連載に対するご意見、ご要望などもお寄せください。

■LifeKeeper製品詳細情報
http://www.10art-ni.co.jp/product/lifekeeper/

■SteelEye Technology Inc.(開発元)
http://www.steeleye.com

■LifeKeeperに関するお問合せ
https://www.10art-ni.co.jp/contact/form-lifekeeper_ssl.html
サイオステクノロジー株式会社 羽鳥 正明
著者プロフィール
サイオステクノロジー株式会社  羽鳥 正明
プロダクト&SIビジネスユニット  マーケティング部  第1マーケティンググループ
1991年、日本ユニシスに入社、PCのマーケティングとして米国ユニシスのリエゾンを経験。その後コンパックコンピュータにてIAサーバのマーケティングを担当。現在はサイオステクノロジーにてLinuxならびにOSSのマーケティングを統括。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第15回:LifeKeeperの今後のロードマップと展望
連載の総括
  仮想化技術
  複数のIAサーバを一挙にHAクラスタ構成にする場合
  災害復旧
LifeKeeperのすべて
第1回 HAクラスタの基本とLifeKeeper
第2回 LifeKeeper for Linuxのインストール
第3回 LifeKeeper for Linuxの操作
第4回 LifeKeeper for Windowsのインストール
第5回 LifeKeeper for Windowsの操作(前編)
第6回 LifeKeeper for Windowsの操作(後編)
第7回 共有ファイルシステム「LKDR」と「DRBD ARK」
第8回 MySQL/OracleとLifeKeeperによるHAクラスタ化
第9回 LifeKeeperのコマンドライン操作
第10回 Microsoft SQL ServerとLifeKeeperによるHAクラスタ化
第11回 LifeKeeper Data Replication For WindowsとDisk-to-Disk Backup
第12回 様々なアプリケーションのHAクラスタ化を実現するGeneric ARK
第13回 ハードウェア冗長化
第14回 LifeKeeperの管理 - ログの確認方法とSNMPの設定
第15回 LifeKeeperの今後のロードマップと展望
徹底比較!!クラスタソフトウェア
第1回 クラスタソフトウェアの導入にあたって
第2回 日本が生んだ、ビジネスを守る信頼のブランド「CLUSTERPRO」
第3回 GUI操作だけでHAクラスタが構成できる「LifeKeeper」
第4回 企業情報システムとともに進化するClusterPerfectシリーズ
第5回 富士通の高信頼基盤ソフトウェア「PRIMECLUSTER」
第6回 Serviceguard for Linuxで実現するHAクラスタ
第7回 Red Hat Cluster Suiteの紹介
第8回 Windows Serverにおけるクラスタソフトウェアの進化
第9回 オープンソースソフトウェアの「Heartbeat」によるHAクラスタ
第10回 クラスタソフトウェア導入に際しての注意点
HAクラスタソフトウェアの市場動向
市場からみるHAクラスタソフトウェアの採用動向