TOP設計・移行・活用> CVSとは




How to Eclipse!
Eclipse3ではじめるJava Webアプリケーション開発

第12回:CVSの利用(1)
著者:宮本 信二   2005/4/6
1   2  3  4  次のページ
CVSとは

   
CVS(Concurrent Versions System)はソースコード管理システムの1つで、現在広く利用されています。

   チーム開発を行う場合、ソースコードをどのように共有するかが問題になります。LAN内などで利用できる最も簡単な共有方法は、共有フォルダを作成しておき、そこからファイルを取得して、ソースを更新、追加し、作成したものを共有フォルダに上書きします。しかしこの方法だと、誰かが更新したソースを上書きしてしまう危険性があります。

   このような問題を解決するために、チーム開発では一般にSCM(Source Code Management System:ソースコード管理システム)を利用します。SCMには、Microsoft Visual SourceSafe、IBM Rational ClearCase、Subversionなど多くのものがありますが、CVSもSCMの1つです。

   CVSはクライアント/サーバとして動作します。サーバ上のリポジトリにソースが集中管理され、クライアントからCVSサーバにアクセスしてファイルを取得、更新します。EclipseにはCVSの"クライアント"が内蔵されています。EclipseのCVSクライアントはGUIで非常に使いやすいのですが、反面、簡単に操作できるため、誤って使うと人のソースを上書きしてしまう危険性もあります。


CVSサーバのインストール

   CVSを利用する場合、CVS"サーバ"が必要になります。プロジェクトでCVSを利用する場合、チーム内でシステム管理を行っている人がサーバを構築、管理することになるでしょう。そのため、他の人はクライアントとして利用するだけでいいのですが、簡単なしくみぐらいは知っておいてもよいでしょう。

   ここでは、Windows上で簡単に利用できるCVSサーバとして、
CVSNTを利用します。CVSNTはオープンソースのプロジェクトとして開発されており、ライセンスはGPLで、無償で利用できます。また、March Hare社がCVSNTの商用サポートも行っています。


ダウンロード

   CVSNTの安定版はhttp://www.cvsnt.com/cvspro/からダウンロードします。ページ右側のダウンロードショートカットで、OS、Export Serverの選択を行い、「Accept terms of download」をクリックするとダウンロードできます。なお、http://www.cvsnt.org/wiki/からもダウンロードが可能です。

CVSNTのWebサイト
図1:CVSNTのWebサイト


   ここでは、執筆時点の最新安定版の2.0.58dをダウンロードしました。


インストール

   ダウンロードしたファイルを実行するとインストーラが起動します。いくつかのインストールオプションがありますが、ここではライセンス許諾を承諾(I accept the agreement)する以外は、すべてデフォルトでインストールを進めます。

CVSNTのインストール
図2:CVSNTのインストール


   インストール後、PCを再起動するとインストール完了です。

1   2  3  4  次のページ



著者プロフィール
宮本 信二  http://muimi.com/
テクニカルライター。Ja-Jakartaコミッタ。Java Webアプリケーション開発業務を経て、現在、主にJavaやOSS関連の調査、執筆を行っている。著書に「Eclipse 3 完全攻略」、「JavaデベロッパーのためのApacheAnt入門」(ソフトバンクパブリッシング)、「徹底解説!JSFのすべて」(秀和システム)などがある。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第12回:CVSの利用(1)
CVSとは
  リポジトリの作成
  プロジェクトの共用とチェックアウト
  プロジェクトの共用
Eclipse3ではじめるJava Webアプリケーション開発
第1回 Eclipse3の概要とインストール
第2回 Eclipse3の基本機能
第3回 Eclipse3の基本操作を憶えよう
第4回 Eclipseの便利な機能
第5回 Webアプリケーションの開発(1)〜JSP作成〜
第6回 Webアプリケーションの開発(2)〜サーブレットの作成〜
第7回 データベースの利用
第8回 フレームワークの利用
第9回 O/Rマッパーの利用
第10回 JUnitの利用
第11回 Antの利用
第12回 CVSの利用(1)
第13回 CVSの利用(2)
Eclipseが提供するBIとレポーティングツール
第1回 インストールからはじめるEclipse BIRT
第2回 データベースのデータをレポートに出力しよう
第3回 レポートを作成しよう
第4回 スクリプティング機能・Tomcatでのプレビュー・レポートエンジンを使用したレポート出力
Eclipse実践プラグイン開発
第1回 Eclipseとプラグイン
第2回 プラグインの配布とインストール
第3回 基本的なGUIコンポーネントの利用
第4回 JFaceのGUIコンポーネント
第5回 メニューとポップアップ・メニューの拡張
第6回 ビューの拡張
第7回 エディタの拡張
第8回 パースペクティブの拡張
第9回 プロパティと設定の拡張
Eclipse WTPによる標準開発ツールの提供
第1回 Eclipse WTPの概要とインストール
第2回 Eclipse WTPでHello World
第3回 Eclipse WTPのDB系ツールを使う
第4回 Eclipse WTPのエディタとその他のツール