TOP設計・移行・活用> リポジトリの作成




How to Eclipse!
Eclipse3ではじめるJava Webアプリケーション開発

第12回:CVSの利用(1)
著者:宮本 信二   2005/4/6
前のページ  1  2   3  4  次のページ
リポジトリの作成

   CVSでは、CVSのファイルを格納する
リポジトリを作成する必要があります。コントロールパネル(スタートメニュー → コントロールパネル)で、「CVS for NT」を選択すると、図3の管理ツールの画面が表示されます。この画面で、「Repositories」タブを選択します。
CVSNTの管理ツール
図3:CVSNTの管理ツール


   そして、次の手順でリポジトリを作成します。

  1. Addボタンを押す
  2. Edit Repository画面でLocationにCVSリポジトリを作成するパスを入力(ここでは、C:/cvsrepoとしました。Nameは自動的に入力されます)
  3. OKボタンを押す
  4. 指定したパスが存在しない場合は、ディレクトリを作成するかの確認ダイアログが表示されるのでOKボタンを押す
リポジトリの作成
図4:リポジトリの作成


   これで、リポジトリの作成は完了です。


ユーザの作成

   次にユーザを作成します。これはコマンドラインで行いますので、コマンドプロンプトを起動します。まず、CVSROOT環境変数を指定します。環境変数の値は、先ほど作成したCVSリポジトリのパスです。

C:\Documents and Settings\miya>set CVSROOT=C:/cvsrepo

   ユーザの登録は「cvs passwd」コマンドで行います。下のようなコマンドでヘルプを表示できます(ここでは存在しないオプション「-h」を指定してUsageを表示しています)。

C:\Documents and Settings\miya>cvs passwd -h
passwd: invalid option -- h
Usage: cvs passwd [-a] [-x] [-X] [-r real_user] [-R] [-D domain] [username]
-aAdd user
-xDisable user
-XDelete user
-rAlias username to real system user
-RRemove alias to real system user
-DUse domain password

   ユーザを追加するには次のコマンドを入力します。

cvs passwd -a -r <OSユーザ名> <CVSユーザ名>

   次はユーザ追加例です。ここでは、miyaという名前のCVSユーザを、OSのAdministratorユーザとして登録しています。CVSユーザのパスワードを聞かれるので、任意のパスワードを指定します。

C:\Documents and Settings\miya>cvs passwd -a -r Administrator miya
Adding user miya
New password: ****
Verify password: ****

   以上でCVSサーバの設定は完了です。

前のページ  1  2   3  4  次のページ



著者プロフィール
宮本 信二  http://muimi.com/
テクニカルライター。Ja-Jakartaコミッタ。Java Webアプリケーション開発業務を経て、現在、主にJavaやOSS関連の調査、執筆を行っている。著書に「Eclipse 3 完全攻略」、「JavaデベロッパーのためのApacheAnt入門」(ソフトバンクパブリッシング)、「徹底解説!JSFのすべて」(秀和システム)などがある。


INDEX
第12回:CVSの利用(1)
  CVSとは
リポジトリの作成
  プロジェクトの共用とチェックアウト
  プロジェクトの共用