PR

IPSでパッケージ管理!

2008年6月18日(水)
加藤 久慶

Image Packaging Systemとは?

 今回は、OpenSolaris 2008.05の機能の中で注目すべき機能の1つである「Image Packaging System(以下IPS)」について解説します。

 IPSとは、図1に示すように、フリーウェアなどのパッケージを集めたネットワークリポジトリからパッケージ管理を行うシステムのことをいいます。UbuntuをはじめとするLinuxディストリビューションでは、すでにこのようなパッケージ管理システムが提供されています。

 このシステムを利用すると、ネットワークからソフトウェアパッケージをインストールしたり、更新したりすることができ、インストールやパッケージ管理の手間を省くことができます。

 オペレーティングシステムのパッケージ管理は手間のかかる作業です。例えば、利用していたパッケージを更新するためには、以前使っていたパッケージを削除して新しいパッケージをインストールしたり、ライブラリの依存関係を考えたりしなければなりません。Webシステムのように、頻繁に機能拡張などのためにソフトウェアパッケージを更新する要望があると、非常に手間と労力のかかる作業になります。

 例えば、従来ではAMP(Apache+MySQL+PHP)パッケージをSolarisにインストールする場合、バイナリが提供されているWebサイトに行き、必要となるライブラリやパッケージをダウンロードするか、ソースコードをダウンロードし、自力でコンパイル作業をする必要がありました。

 パッケージを管理することは、ディストリビューションにとっては必要不可欠であると同時に、フリーウェアパッケージ集合を作るという点でも非常に重要です。

SVR4形式のパッケージとIPS形式のパッケージ

 OpenSolaris 2008.05では、今までのSolarisのパッケージ形式であるSVR4パッケージとIPSパッケージの両方のパッケージ形式をサポートしています。

 従来のSVR4形式のパッケージを、従来どおりpkgadd(1M)やpkgrm(1M)などでパッケージを削除したり、インストールしたりすることはできますが、IPSからインストールしたSVR4パッケージは、pkg(1)を使わなければなりません。ここは、OpenSolaris 2008.05を利用する点で注意しなければならない点です。

 IPSパッケージ形式では、後述するFault Management Resource Identifier(以下FMRI)を用いてパッケージの依存関係を定義します。このため、リポジトリに容易にパッケージを作成したり、公開することが可能となります。

 このpkg(1)とそのサブコマンドで、IPSからパッケージをインストールしたり、パッケージを更新したりすることも特徴の1つです。

 デフォルトでは、利用可能なIPSリポジトリ「http://pkg.opensolaris.org:80」が登録されています。試しに、Webブラウザを起動し、利用可能なIPSリポジトリを確認してみてください。そこには、「pkg server ok」と書かれていて、パッケージの統計情報とcatalog以下に、利用可能なパッケージの一覧が表示されます。

 ほかに利用可能なIPSリポジトリとしては、sunfreeware IPSリポジトリ「http://pkg.sunfreeware.com:9000」、blastwabe IPSリポジトリ「http://blastwave.network.com:10000」があり、パッケージのインストールが可能です。

サン・マイクロシステムズ株式会社
OpenSolaris エバンジェリスト。現在、Sun Solution Centerにて、顧客ベンチマークテストのサポートを担当。OpenSolarisコミュニティ活動を注力しています。OpenSolaris HotTopics セミナーやメーリングリストなどを通じて、技術情報を発信していけたらと思います。これから、皆さんと一緒に、日本におけるOpenSolarisコミュニティをもっと活性化させていきたいです。http://blogs.sun.com/katohisa

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています