PR

連載一覧

2018年12月、クラウドネイティブを志向するエンジニアや企業が集うテクノロジーカンファレンス、KubeCon+CloudNativeCon Seattle 2018が開催された。

5月のヨーロッパ、11月のアジア(中国)に続き、北米で開かれた今年3回目のKubeConは8,000名を超える参加者を集めた大規模なものとなった。

この連載では、KubeConの前日に開かれたCo-located Eventの一つ「OpenShift Commons Gathering」のようす、キーノートや注目の発表、そして出展各社のブースなどを紹介する。

Kubernetesを中心としたコンテナを用いたクラウドネイティブなシステムへの潮流は、確実なものとなっている。

クラウドネイティブという新たなパラダイムのもとでは、「セキュリティ」についても新たな形をとることになる。その新しいセキュリティについて、プレイヤーとなる企業や日本のパートナー企業に話を聞いてみた。

  • クリエーションライン(Aqua Securityのパートナー)
  • マクニカソリューションズ(Twistlockのパートナー)
  • Sysdig

2018年12月、クラウドネイティブを志向するエンジニアや企業が集うテクノロジーカンファレンス、KubeCon+CloudNativeCon Seattle 2018が開催された。

5月のヨーロッパ、11月のアジア(中国)に続き、北米で開かれた今年3回目のKubeConは8,000名を超える参加者を集めた大規模なものとなった。

この連載では、KubeConの前日に開かれたCo-located Eventの一つ「OpenShift Commons Gathering」のようす、キーノートや注目の発表、そして出展各社のブースなどを紹介する。

Kubernetesを中心としたコンテナを用いたクラウドネイティブなシステムへの潮流は、確実なものとなっている。

クラウドネイティブという新たなパラダイムのもとでは、「セキュリティ」についても新たな形をとることになる。その新しいセキュリティについて、プレイヤーとなる企業や日本のパートナー企業に話を聞いてみた。

  • クリエーションライン(Aqua Securityのパートナー)
  • マクニカソリューションズ(Twistlockのパートナー)
  • Sysdig

Webでクラウドネイティブ、コンテナ、Kubernetesといったキーワードを目にしない日はないというほど、クラウドネイティブは盛り上がりを見せている。その一方で「Kubernetesは難しい」という声もよく耳にする。

この連載では、Kubernetesクラスタを管理するプラットフォームRancherを用いて、Kubernetesを活用していく方法を紹介していく。

2018年12月、クラウドネイティブなシステムの推進を目指した技術系のカンファレンス、JKD v18.12(JapanContainerDyas)が都内で開催された。

初日は有償のトレーニング、2日めはキーノートなどのカンファレンス、そして3日めはコミュニティデイとしてさまざまな講演が行われた。

この連載では、2日め、3日めのカンファレンス会場のようすを紹介していく。

1週間に配信された国内・海外のVR関連ニュースをズバッと紹介! これを読めばアナタもスグにVR通!?

番組紹介

「OSSfm」は“オープンソース技術の実践活用メディア”であるThink ITがお届けするポッドキャストです。OSS界隈の注目ニュースや裏話を配信予定です。MCは日立ソリューションズの吉田さんとフリーランスライターの松下さん。不定期ですがゲストも登場しますのでお楽しみに。番組宛てのご意見ご要望は ハッシュタグ #OSSfm を付けてTwitterやFacebookでつぶやいてください。

配信済みエピソード

Apple Podcasts、SoundCloud、RSS feedでも配信中です。
  • Apple Podcasts(iOS標準アプリ)
  • Google Play Music(Android標準アプリ)
    Google Play Musicのポッドキャストサービスは2017年4月現在、日本国内で提供されていません。SoundCloudのAndroidアプリをご利用いただくか、お好きなアプリで下記RSS feedを直接ご登録ください。
  • SoundCloud(iOS/Android対応)
  • RSS feed(以下のURLを登録してください)
    http://feeds.soundcloud.com/users/soundcloud:users:302417970/sounds.rss

なお、mp3の音声データを直接ダウンロードするには以下のリストから個別のエピソードをご覧ください。会員登録後に記事末尾にあるフォームからログインするとダウンロードできるようになります。

OSSルーキーズは比較的新しめのOSS情報をインタビュー形式で取り上げていきます。自薦他薦問わず情報募集中です!
macやiOS向けアプリケーション開発用に、Appleが提供する標準開発言語、それがSwiftです。この連載では、以前の標準開発言語であったObjective-Cの経験者がスムーズにSwiftへ移行するためのポイントを中心に解説します。 連載開始時のSwiftの最新バージョンは3.1ですが、2017年秋にリリース予定のバージョン4にも対応していきます。

本連載では数回にわたって、GitHubについて、その本質や我々が実現しようとしている世界観、また意外と知られていないGitHubの機能について紹介していきます。

株式会社インプレスR&Dより発行されている「技術書典シリーズ」著者によるオリジナルコラムです。第一弾は、世界最大の同人誌即売会「コミックマーケット」ガイド。技術書典とは内容も規模もマナーも違うイベントですが、技術同人誌も頒布されます。その楽しみ方を「Introduction of Elastic Stack 6」著者の石井葵さんが紹介します。

【Scalaはこわくない!マルチパラダイム言語Scalaの入門書!】株式会社インプレスR&Dより発行された「Scalaをはじめよう! ─マルチパラダイム言語への招待─」の立ち読みコーナーです。