PR

Valve、Linux版Steamの機能拡張にWine派生の互換レイヤー「Proton」を導入

2018年8月26日(日)

Valveは8月21日(現地時間)、Linux版Steamの機能拡張において、グラフィックAPI Vulkanに対応したWine派生の互換レイヤー「Proton」を導入したことを発表した。

 「Proton」は、Vulkan対応やマルチスレッド対応などが図られており、元のWineよりも高速な処理が可能になっており、またDirect X11/12との互換性も強化されている。これを利用することで、Linux版Steamクライアントを利用して、Windows対応のタイトルをプレイすることができる。

 なお、同機能は「initial Beta」となっており、公式にサポートされているタイトルには限りがあるため注意が必要。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Proton(GitHub)

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック