PR
連載 :
  Windows 10 Tips

Windows 10曰く「このディスクに、Windowsをインストールできません…」

2015年10月19日(月)
塩田 紳二(しおだ しんじ)

タイトルから、何の話かと思う方もおられるかもしれませんが、前回のWindows 10の再インストールに関連した話です。Windowsのセットアップ時に、タイトルにあるようなエラーメッセージが表示された場合は、MBRパーティションテーブル形式のパーティションを削除して、GPT形式のパーティションに変換する必要があります。

1.1 パーティションの変換

Windows 10をインストールメディアから起動して、再インストールしようとした人の数パーセント(確証はありません)は、このタイトルのようなメッセージを受け取るかもしれません。このケースのトラブルは、Windows 10で始まったわけではなく、Windows 8がBIOSに代わるファームウェアであるUEFI(あるいはEFI)に対応したことに端を発します。しかし、Windows 8のユーザーが増えなかったことやWindows 7のユーザーにはあまり関係なかったので、これまではあまり取り上げられなかったのかもしれません。

ここでは理屈は抜きに、対応方法だけを示します。なお、この方法ではハードディスクの情報はすべて失われますので、ハードディスクのデータを残したい場合は、あらかじめデータのコピーを保存しておいてください。

「このディスクに、Windowsをインストールできません…」というのは、正確には、次のようなメッセージです。

このメッセージに遭遇したら、ハードディスクのパーティション形式をGPT形式に変換する必要がありますので、以下の手順を実行します。

  1. 「このディスクに、Windowsをインストールできません…」というメッセージウィンドウが出ているなら、「OK」ボタンをクリックして、メッセージウィンドウを消す。
  2. 個々のパーティションを選択し、「削除」ボタンを使ってパーティションを削除する。
  3. すべてのパーティションを削除し、未割り当ての状態になったら、「新規」ボタンをクリックし、新しいパーティションを割り当てる。これでパーティションは、GPT形式に変換されます。
  4. 一番サイズの大きなパーティションを選択して、「インストール」ボタンをクリックします。

以上でパーティション形式への対応は終了です。

あとは、Windows 10のインストールを続行してください。

著者
塩田 紳二(しおだ しんじ)
フリーランスライター
コンピュータ、ネットワーク、インターネット全般のフリーライター。雑誌編集者、電機メーカーを経て現職。インプレス、日経BPなどの専門誌やWeb雑誌での連載、記事企画協力などを行う。PDAからサーバーまでの技術解説や入門からシステム構築まで「ゲームとアダルト」を除く幅広い分野をカバー。著書多数あり。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています