PR

Google、セキュリティキーを自作できるソフトウェア「OpenSK」をOSSとして公開、カスタムケースの3Dプリンタ用データも

2020年1月31日(金)

Googleは1月30日(現地時間)、セキュリティキーを自作できるソフトウェア「OpenSK」をオープンソースとして公開した。

 「OpenSK」は、Rustベースのファームウェアが搭載されている。これをNordic Semiconductorのドングルにインストールすることによってセキュリティキーとなる。作成したセキュリティキーは「FIDO U2F」および「FIDO2」の双方に準拠したものとなり、簡単にフィッシング詐欺対策が可能となる。

 Googleは、3Dプリンターで出力できる物理的なカスタムのケースも提供しており、これを利用すれば3Dプリンターでユーザがキーを作成・保護できる。

「OpenSK」は、GitHubに公開されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
OpenSK(GitHub)

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック