PR

Androidアプリの開発環境を作る

2011年11月24日(木)
石立 宏志

簡単なAndroidアプリの作成

これでやっとAndroidアプリを開発する環境と実行する環境が整いました。早速、簡単なAndroidアプリを作ってインストールしたソフトウェアが動作するか確認しましょう。

Androidアプリ開発プロジェクトの作成

まずは以下の順序でAndroidアプリプロジェクトを作成します。

  1. Eclipseの[File]メニューから[New]を選択し、表示されたリストから[Project...]を選択します。
  2. Project Wizard画面が表示されますので、「Android Project」を選択してNextボタンを押します。
  3. Project nameに「HelloTablet」と入力し、Nextボタンを押します。
  4. Build TargetのAndroid 3.1にチェックが入っていることを確認し、Nextボタンを押します。
  5. Package Nameに「sample.hellotablet」と入力し、Finishボタンを押します。

Finishボタンを押し、処理が完了すると「HelloTablet」という名前のAndroidアプリ開発プロジェクトが作成されています。

Androidアプリの実行

先ほど作ったプロジェクトには標準でActivityと呼ばれるAndroidアプリの画面に対応するクラスが作成されています。また、画面のレイアウトファイルも同時に作成されているため、そのまま実行することが可能です。取りあえずAVDの動作確認も兼ねて、まずはアプリを実行してみましょう。

Package ExplorerビューにあるHelloTabletプロジェクトを選択し、右クリックしてください。次にメニューが表示されますので[Run As]-[Android Application]を選択してください。

自動的にAVDが起動され、HelloTabletアプリの画面が表示されると思います。もし、表示されない場合はAVDの画面右上にあるAppsをクリックし、表示されたアプリ一覧の中から「HelloTablet」を起動してください。

画面コンポーネントの追加とイベント処理

HelloTabletアプリの起動画面は文字列を表示するTextViewコンポーネントが1つだけのシンプルな画面でした。今度はその画面にボタンを追加し、ボタンを押したらダイアログが表示されるようにしてみましょう。

HelloTabletプロジェクトの resフォルダ内のlayoutにある main.xml をダブルクリックしてください。レイアウトエディタが起動し、アプリの画面が表示されます。

今回はボタンを追加するので、レイアウトエディタの左側にある画面コンポーネント一覧からボタンを選択し、画面上にドラッグアンドドロップしてください、図6のようにボタンが追加されます。追加されたらCtrl-SやCommand-Sでファイルを保存してください。

図6:レイアウトエディタ画面(クリックで拡大)

次にボタンを押した際のイベント処理を記述します。

HelloTabletプロジェクトの srcフォルダ内にある HelloTabletActivity.java をダブルクリックしてください。Javaエディタが起動しますので、onCreateメソッドを以下のように書き換えてください。

   
public void onCreate(Bundle  savedInstanceState) {
  super.onCreate(savedInstanceState);
  setContentView(R.layout.main);
  
  // button1をクリックした時に処理を実行できるようにする 
  findViewById(R.id.button1).setOnClickListener(new View.OnClickListener()  {
                          public  void onClick(View v) {
                       // button1をクリックした際の処理を記述する 
                                   // ここではAlertDialogを作成し、ダイアログに表示するメッセージの設定と、 
                                   // ダイアログのOKボタンを押した時にダイアログが閉じる処理を記述している 
                                   new  AlertDialog.Builder(HelloTabletActivity.this).
                                   setPositiveButton("OK",  new DialogInterface.OnClickListener() {
                                            public  void onClick(DialogInterface dialog, int which) {
                                                         dialog.cancel();
                                            }
                                   }).setMessage("ボタンを押しました").show();
                       }
               });
}

書き換えが終わったら保存し、HelloTabletアプリを実行してみてください。図7のようにButtonが表示され、ボタンを押すとイベントに反応して図8のようにダイアログが表示されるようになっています。

図7:HelloTabletアプリ実行画面(クリックで拡大)

図8:ダイアログ表示画面(クリックで拡大)

まとめと次回予告

今回はAndroidアプリ開発環境の構築と簡単なAndroidアプリを作成しました。Androidアプリを開発し、AVD上で実行するまでの流れが理解できれば今回はOKです。

次回は前半で今回作ったアプリの解説を通じて簡単にAndroidアプリのイベント処理を説明し、後半はAndroidタブレットアプリでは必須となるFragment機能について説明します。

テックファーム株式会社

2002年にIBMに入社、Webシステム開発やオフショア開発のサポートなどを経験。2005年にテックファーム株式会社に入社し、主にFeliCaやNFCなど非接触ICを使ったモバイルアプリケーションの開発に携わっていました。現在はスマートフォン向けのアプリケーション開発やソリューション提案をメインに活動しています。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています