TOPプロジェクト管理> 請負で仕事をするために必要な2つの作業




即活用!業務システムの開発ドキュメント標準化
即活用!業務システムの開発ドキュメント標準化

第2回:機能一覧表とI/O関連図
著者:システムインテグレータ  梅田 弘之   2005/7/1
1   2  3  4  次のページ
請負で仕事をするために必要な2つの作業

   システム開発の仕事では、仕様の追加や変更は日常茶飯事です。「これで仕様凍結!と宣言して、仕様変更を受け付けなければ良い」などとこちらの勝手を言う人もいますが、事はそう簡単にはいきません(安易な変更を抑制する効果はありますが…)。現実的にはその仕様のままじゃ動かなかったりするので、ある程度の追加・変更はあるものと覚悟しておく必要があります。

   社会においても「警察官や教師は、不正があってはならない」というタテマエにとらわれて対策を打たないことが問題視されています。「彼らも不正行為を犯す」という前提に立って対処方法を定めておくべきというのが現代の常識です。同じように、仕様変更も発生し得るという前提に立ち、それを吸収しながらプロジェクトを成功させるという柔軟な姿勢が重要なのです。

   常駐・派遣ベースでは、変更が生じてもリスク(コストやスケジュール)は基本的に相手側にあります。しかし、請負で仕事をする場合は、仕様変更による損失がもろにかぶさるので、十分な対処が必要です。

   対処のひとつは、口頭でなく文書レベルでやり取りするということです。具体的には、打ち合わせをしたら「打合議事録」をきちんと書く、タイムリーにレビューをして「レビュー報告書」を提出する、仕様変更は電話ではなく「仕様変更依頼書」で受け付けるなどです。これらは、PMBOKにおけるコミュニケーション管理に相当するもので、プロジェクト管理手法PYRAMIDではドキュメントテンプレートを用意して運用することを定めています。

   もうひとつ、その前段として必要なのがPMBOKにおけるスコープ管理です。つまりプロジェクトスタート時に開発範囲を明確にしておくことが大切です。スコープの表現には作業(タスク)と成果物の2つの切り口があります。

   ときどき未確定な部分があるという理由で、スコープをあいまいにしたままプロジェクトをスタートさせている例を見かけます。しかし、そんな場合でも"その他帳票10本"というように未確定ながらボリュームを抑えておくことが、請負で仕事をする際は肝心です。


機能一覧表

   第1回は、開発ドキュメント標準DUNGEONで規定されている開発ドキュメント体系を紹介しました。また、その中から「業務フロー」の標準テンプレート記入例をもとに、業務フロー記述のポイントについて解説しました。

   今回は、スコープを明確にするためのドキュメント「機能一覧表」を取り上げて説明しましょう。図1は、DUNGEON様式の「機能一覧表」の記入例です。システム開発対象となる機能を洗い出して、大分類(サブシステム)、中分類(機能分類)ごとに整理して一覧表にまとめています。

DUNGEONの「機能一覧表」記入例
図1:DUNGEONの「機能一覧表」記入例
(画像をクリックするとExcelファイルをダウンロードできます。/33.0KB)

   ここでは、機能ごとに画面入力、画面照会、帳票出力、バッチ処理の4種類に区分けをしています。このほかにも帳票出力指示画面などがありますが、それらは"照会"に区分けすることで対応します。

   プロジェクトの最初の段階では、機能の洗い出しが完全にできません。しかし、ぐずぐずと「機能一覧表」の作成を延ばしていると、全体のボリューム把握が遅れプロジェクトに支障が生じます。機能一覧表は、不完全でも良いので必ずプロジェクトの初期段階で作成し、仕様が固まるのと並行して追記・修正していくようにしてください。

1   2  3  4  次のページ


システムインテグレータ
著者プロフィール
株式会社システムインテグレータ  梅田 弘之
東芝、住商情報システムを経て1995年にシステムインテグレータ社を設立。 常駐・派遣主体の労働集約的な日本のソフトウェア業の中で、創造性にこだわってパッケージビジネスを行っている。 国際競争力のない日本のIT産業が、ここから巻き返しを図るための切り札は「プロジェクト管理」だと信じ、実践的なプロジェクト管理手法「PYRAMID」を自社開発している。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第2回:機能一覧表とI/O関連図
請負で仕事をするために必要な2つの作業
  機能一覧は各工程で活用される
  基本設計書
  I/O関連図の記述方法
即活用!業務システムの開発ドキュメント標準化
第1回 開発ドキュメント体系と業務フロー
第2回 機能一覧表とI/O関連図
第3回 基本設計書
第4回 詳細設計書(前半)
第5回 詳細設計書(後半)
第6回 単体テスト仕様書&報告書
第7回 結合テストと総合テスト
第8回 要求仕様書の標準化プロセス
関連記事 : 即活用!企業システムにおけるプロジェクト管理
第1回 プロジェクト管理力を強化するための具体的プラン
第2回 PMBOKをベースにしたプロジェクト管理の管理
第3回 スコープ管理とスケジュール管理
第4回 コスト管理の構造と見積手法
第5回 品質管理
第6回 組織管理
第7回 コミュニケーション管理
第8回 リスク管理
第9回 調達管理(外注管理)
関連記事 : 即活用!ツールを活用したデータモデリング
第1回 ソフトウェア産業に産業革命を起こすデータモデリング
第2回 ERの基礎知識とツールの活用法
第3回 日本語名の是非とデータ型採用方針
第4回 制約の使い方、Unicode使用可否、明細テーブルの設計
第5回 教科書的ではなく、現場にあったデータベース設計のコツ