PR

Windows Azure仮想マシンでLinuxサーバーを構築しよう

2012年9月19日(水)
廣瀬 一海

Ubuntu Server 12.04の仮想マシンを構築

早速、仮想マシンを作成してみましょう。

新しい管理ポータル(https://manage.windowsazure.com/)のコマンドバーにある[+NEW]をクリックして[VIRTUAL MACHINE]を選択し、 [FROM GALLERY]を選択してください(図5)。

図5:管理ポータルで新しい仮想マシンを作成する(クリックで拡大)

VM OS Selectionから[Ubuntu Server 12.04 LTS]を選択して、右下の矢印ボタンをクリックしてください(図6)。

図6:[Ubuntu Server 12.04 LTS]を選択(クリックで拡大)

VM Configurationでは、以下の任意の値を入力してください。

  • VIRTUAL MACHINE NAME(仮想マシン名)
  • NEW USER NAME(ログインユーザー名)
  • NEW PASSWORD(ログイン時のパスワード)
  • CONFIRM PASSWORD(ログイン時のパスワード)
  • SIZE(作成するVMのサイズ)
  • CERTIFICATE(SSH証明書)

ssh証明書を登録しない場合は、パスワード認証でログインとなりますが、セキュリティの観点から公開鍵暗号でのログインをお勧めします。以下の方法で、証明書とキーペアを作成してください(図7)。

  $ openssl req -x509 -nodes -days 365 -newkey rsa:2048 -keyout myPrivateKey.key -out myCert.pem
  Generating a 2048 bit RSA private key
  ............................+++
  ............................................+++
  writing new private key to myPrivateKey.key'
  -----
  You are about to be asked to enter information that will be incorporated
  into your certificate request.
  What you are about to enter is what is called a Distinguished Name or a DN.
  There are quite a few fields but you can leave some blank
  For some fields there will be a default value,
  If you enter '.', the field will be left blank.
  -----
  Country Name (2 letter code) [AU]:JP
  State or Province Name (full name) [Some-State]:Kanagawa
  Locality Name (eg, city) []:Yokohama 
  Organization Name (eg, company) [Internet Widgits Pty Ltd]:pnop.inc
  Organizational Unit Name (eg, section) []:
  Common Name (e.g. server FQDN or YOUR name) []:Kazumi Hirose

$ chmod 600 myPrivateKey.key $ openssl x509 -outform der -in myCert.pem -out myCert.cer

図7:証明書とキーペディアを作成(クリックで拡大)

VM Modeでは、以下の任意の値を入力してください。

  • STANDALONE VIRTUAL MACHINE
  • DNS NAME(任意のDNS名)
  • STORAGE ACCOUNT(特に理由が無ければデフォルトとしてください)
  • REGION(East Asia)

執筆時点(2012.09)では、East Asiaが日本から一番近いリージョンになりますので、ここではEast Asiaを選択しています(図8)。

次に進めて、VM OptionのAVALABILITY SETに関しては、今回は用いませんのでスキップして作成をしてください。

VMの状態が図 9のRunningになるまで、しばらくの間待ちましょう。しばらくするとVMの管理画面にはCPUやメモリ利用率、ディスク利用率などのステータスグラフが表示されます。

図8:「East Asia」リージョンを選択(クリックで拡大)
図9:VMがRunning状態になるまで待つ(クリックで拡大)
図10:しばらくして、各種ステータスが表示される(クリックで拡大)

SSHで仮想マシンへ接続して、Apacheをインストール

仮想マシンの準備ができたら、sshで接続し、Apacheをインストールします。今回はUbuntuですので、apt-getを使っていますが、他のディストリビューションでも、yumなど相当するコマンドでインストールをしてください(図11)。

  $ ssh –i myPrivateKey.key –p 22 username@指定したDNS名.cloudapp.net
  $ sudo apt-get update
  $ apt-get install apache2-mpm-prefork
図11:Apacheのインストール(クリックで拡大)

HTTP 80のエンドポイントを追加

次にdnsname.cloudapp.netのエンドポイントにPORT 80を追加します。
各仮想マシンの詳細画面から[ENDPOINTS]を選択してください、sshアクセスするために必要となったPORT22が既に追加されている事がわかります(図12)。

図12:PORT22の追加を確認(クリックで拡大)

下のメニューから[ADD ENDPOINT]を選び新規ENDPOINTを追加します。Add endpoint to virtual machineでは[Add Endpoint]を選択して、次へ進めてください。

Specify endpoint detailsでは、以下のように入力しました(図13)。

  • NAME 任意の名前(ここではHTTPとしました)
  • PROTOCOL TCP
  • PUBLIC PORT 80(ロードバランサのポート)
  • PRIVATE PORT 80(仮想マシンのポート)
図13:Specify endpoint detailsでの入力内容(クリックで拡大)

しばらく待つと、エンドポイントが追加されます。ブラウザからDNS名でアクセスし、図 14のように、Apacheのデフォルトページが閲覧できる事を確認してください。

図14:Apacheのデフォルトページが表示された(クリックで拡大)
アイレット株式会社 cloudpack事業部 シニアソリューションアーキテクト

生業はインフラエンジニア。小規模から大規模なまで日々様々なインフラを構成しています。好きなクラウドはMicrosoft Azure、日頃の業務はAmazon Web Services、という感じにクラウド漬けの毎日を過ごしています。​
仕事の傍ら、勉強会やコミュニティ(日本Azureユーザー会)コアメンバとして活動しています、マイクロソフトのオープンソース戦略にとても共感し、Microsoft MVPとして情報発信や交流を行っています。
Microsoft MVP Microsoft Azure

cloudpack公式サイト:http://cloudpack.jp

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています