PR

Windows AzureでのMySQL = ClearDBを攻略しよう!

2012年9月26日(水)
浅見 城輝

OSSのインストールを競う技術者向けコンテスト「インストールマニアックス」の入賞者の面々が、Windows Azureのコンピューティング、データ管理、ネットワークの新機能を中心に、リレー形式で詳しく説明していく本連載。

5回目となる今回はWebサイトからも利用できるMySQLをテーマにご説明します。

本記事で紹介する操作手順などはWindows Azure サブスクリプションを申し込み後に、プレビュー機能の申し込みが必要となっていますので、こちらも合わせて参照してください。
→ Windows Azure サブスクリプション申し込み Step by Step

Windows AzureでMySQLが利用できるようになったことは、今までの本連載の記事でも紹介してきました。

Windows AzureのMySQLは、ClearDBというサードパーティのDatabase-as-a-Serviceを利用しています。

ClearDBはWindows Azure上にMySQL 5.5を構築し、それをWindows Azure用のDatabase-as-a-Serviceとして提供しており、以下の4つのプランが提供されています。

プラン 価格/月 DBサイズ 同時接続数 性能
Mercury 0 20MB 4 Low
Venus $9.99 1GB 15 Moderate
Saturn $49.99 5GB 30 Moderate
Jupiter $99.99 10GB 40 High

Windows Azure Webサイトの作成と同時に作成できるMySQLデータベースは、このMercuryプランに該当します。

その他のプランはWindows Azureのポータルサイトから契約することはできません。そのため、ClearDBのWindows Azure用のページから申し込みをします。

今までの記事を読むと、Windows AzureでのMySQLはWebサイトでなければ利用できないと思われたかもしれません。確かにWindows Azureの新管理ポータルではWebサイトの作成と同時にMySQLを構築するしか方法がありません。

しかし、このClearDBのWindows Azure用のページから登録をすることで、クラウドサービスや仮想マシンからもMySQLを利用することができます。

ClearDBの可用性

ClearDBは独自のSQLルーターを構築して高可用性を実現しています。

異なる2つのリージョンにエンドポイントデータベースを配置し、それぞれがマスタとなるレプリケーションを構成していています。

ClearDB CDBR Routerがエンドポイントデータベースの状態を監視して、一つのデータベースに障害が発生した時には、アプリケーションからの接続をもう一方のデータベースに自動的にリダイレクトします。

高い可用性を持つClearDBの構成(ClearDBのWebサイトより引用)

これによりClearDBは24x365のサービス提供を実現しています。

それではClearDBのサイトからWindows Azure用のMySQLデータベースを作成し、クライアントからそのデータベースに接続してみましょう。

株式会社pnop

ネットワーク機器メーカーでの情報システム、DB管理パッケージベンダでのコンサルタント、フリーランスを経て、株式会社pnop(http://www.pnop.co.jp/)代表取締役。
クラウドやデータベースのコンサルティングを中心にWebシステムの構築やWindows 8、KINECT開発なども行う。最近は、Windows AzureでPHPやLinuxなどの非マイクロソフトなテクノロジを利用してサービスを動かすことに喜びを感じる日々。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています