PR

Windows Azure「Webサイト」を使ってASP.NETのWebアプリを作成、素早く公開!

2012年9月12日(水)
田口 一博

Windows Azureの新機能を中心に、リレー形式で説明していく本連載。前回はWebサイトでのPHPをテーマに説明しました。3回目となる今回はWebサイトでASP.NETがテーマです。

本連載ではWindows Azureの Webサイトについて、WordPress, PHPと説明してきましたが、もちろんASP.NETもサポートされています。今回は、無償のWeb開発ツール「Microsoft Visual Studio Express 2012 for Web」(以下、VS Express for Web)を使用して、簡単なASP.NET Webアプリケーション(以下、Webアプリ)を作成しながら説明します。

→ Visual Studio Express 2012

また、Webサイトでは、アクセスが増えた場合でも、インスタンスを増やしてスケールアウトすることが簡単ですが、Webアプリ側でも各インスタンスでデータを共有する仕組みが必要です。特にセッション管理はよく使われる機能かと思いますので、一緒に説明します。

本記事で紹介するWebサイトは、Windows Azure サブスクリプションを申し込み後に、プレビュー機能の申し込みが必要となっていますので、こちらも合わせて参照してください。
→ Windows Azure サブスクリプション申し込み Step by Step

Webサイトの作成

最初にWebサイトとSQLデータベースを作成します。新しい管理ポータル(以下、管理ポータル)のコマンドバーにある[+NEW]をクリックして、[WEB SITE]にある[CREATE WITH DATABASE]を選択し、NEW WEB SITE ウィザード画面を表示します。

→ 新しい管理ポータル(プレビューポータル)

Create Web Site(画面01)では、WebサイトのURLを入力、DATABASEで「Create a new SQL database」を選択します。

画面01:Create Web Site(クリックで拡大)

例)今回の設定内容

項目
URL thinkitdemo03
REGION East US
DATABASE Create a new SQL database
DB CONNECTION STRING NAME connectionString1

Specify database settings でデータベースの情報を入力します。REGION は、パフォーマンスを考慮して先ほど作成したWebサイトと同じにします。また、データベースの照合順序を変更しますので、[Configure advanced database settings]にチェックをします。

画面02:Specify database settings(クリックで拡大)

例)今回の設定内容

項目
NAME thinkitAKE9Wkn23
SERVER New SQL Database Server
LOGIN NAME demo03
PASSWORD P@ssw0rd
REGION East US
Configure advanced database settings チェックあり

Advanced database settingsでは、COLLATION(照合順序)をJapanese_CI_ASに変更してチェックマークをクリックすれば、すぐにWebサイトとデータベースが作成されます。

画面03:Advanced database settings(クリックで拡大)

例)今回の設定内容

項目
EDITION WEB
LIMIT DATABASE SIZE 1GB
COLLATION Japanese_CI_AS

最後に、今回はテストでローカルからSQLデータベースに接続するため、ローカルからSQLデータベースに接続できるようにファイアウォールの設定を行います。先ほど作成したデータベースを選択し、コマンドバーにある[MANAGE]をクリックします。

FirewallにIPを追加するメッセージが表示されるので、YESクリックします(画面04)。

画面04:ファイアウォール追加(クリックで拡大)

ファイアウォール追加後に管理サイトへ移動する確認が表示されますが、今回は特に必要ないので、NOをクリックします。ファイアウォールのルールが適用されるまで5分程度必要ですが、これでAzure側のWebサイトとデータベースの準備は完了です。

スカイコード株式会社

主にマイクロソフトの技術を中心としたプログラマ兼システム管理者兼コンサルタント兼雑務係として従事。Microsoft Azureで少しでもラクに楽しく生きていこうと企む毎日。基本怠け者。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

Windows Azure「Webサイト」を使ってASP.NETのWebアプリを作成、素早く公開! | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。