PR

Windows Azure上にWindowsインスタンスを立ち上げる(クエスト4)

2012年11月23日(金)
Think IT編集部

始める前に

このクエストでは、Windows Azure仮想マシンのWindows Server 2012にMicrosoft Web Platform Installerを利用してWordPressをインストールする手順を説明します。このクエストを行う前に、かならずクエスト1〜3までを終わらせておいてください。

11/23開催のセミナー動画を以下に追加しました。記事とあわせて参考にしてください。

1. 手順概要

  • 2.1. リモートデスクトップ接続を準備します。
  • 2.2. Windows仮想マシンを作成します。
  • 2.3. エンドポイントの設定をします。
  • 2.4. 作成した仮想マシンにリモートデスクトップで接続します。
  • 2.5. Microsoft Web Platform Installer (以降WebPI)をダウンロードします。
  • 2.6. WebPIを利用してWordPressをインストールします。
  • 2.7. WordPressの設定をします。

2. 手順詳細

2.1. リモートデスクトップ接続の準備

Windows Azure仮想マシンのWindowsにWordPressをインストールするためには、「リモートデスクトップ接続」が必要です。

Windowsの場合、[スタート]メニュー – [すべてのプログラム] – [アクセサリ]に『リモートデスクトップ接続』があります。
もし手元のPCに最新版のリモートデスクトップ接続をインストールしてなければ、ダウンロードしてインストールしてください。

・Windows XPを利用している場合

下記のWebページからWindows XP用の最新のリモートデスクトップ接続をダウンロードしてください。
→ Windows XP 用リモート デスクトップ接続 (Terminal Services クライアント 6.1) (KB952155)

・Mac OS Xを利用している場合

下記のWebページからMac OS X用のリモートデスクトップ接続をダウンロードしてインストールします。
→ Microsoft Remote Desktop Connection Client for Mac 2.1.1

2.2. Windows仮想マシンの作成

2.2.1. Windows Azure管理ポータルで画面左下の[+新規]をクリックします。

画像をクリックすると拡大表示します

2.2.2. [コンピューティング] – [仮想マシン] – [簡易作成]の順に選択します。

画像をクリックすると拡大表示します

2.2.3. 作成するインスタンス(サーバー)の情報を入力し、「仮想マシンの作成」をクリックします。

画像をクリックすると拡大表示します
DNS名 外部からアクセスするホスト名を入力します。
{入力値}.cloudapp.netというアドレスでアクセスできるようになります。
イメージ 構築するOSイメージを選択します。
今回は「Windows Server 2012, October 2012」を選択します。
Windows XPからはWindows Server 2012に接続することができません。その場合は「Windows Server 2008 R2 SP1, October 2012」を選択します。
サイズ イメージのサイズを選択します。
今回は「小(1コア、1.75GBメモリ)」を選択します。
新しいパスワード確認 Administratorユーザーのパスワードを設定します。
場所 インスタンスを構築するデータセンターの場所を選択します。
今回は「東アジア」を選択します。
※仮想マシンが表示されなかったら?

Windows Azureの「仮想マシン」を選択しようとすると、使えない状態になっている場合があります。その場合は、プレビュー機能を申し込みましょう。

管理ポータル上部のバー右側にある自分のプロフィールアイコン(デフォルトは人の形のアイコン)をクリックして展開されたメニューから[明細の表示]をクリックしてください。

画像をクリックすると拡大表示します

すると、現在契約しているサブスクリプションや課金状況を確認する画面が表示されます。この画面の[プレビュー機能]をクリックしてください。

画像をクリックすると拡大表示します

プレビュー機能として提供されている一覧が表示されます。今回は仮想マシンを使いますので[Virtual Machines & Virtual Networks]の[try it now]をクリックして有効化してください。

画像をクリックすると拡大表示します

これでプレビュー機能の申し込みが完了しました。

2.2.4. 仮想マシンを作成中です。しばらく(15分ほど)時間がかかります。

途中、ストレージアカウントが自動で追加されます。

画像をクリックすると拡大表示します

2.2.5. 仮想マシンの作成が完了すると、種類欄が「仮想マシン」のものが『実行中』に、「ストレージアカウント」のものが『オンライン』になります。

画像をクリックすると拡大表示します

2.3. エンドポイントの設定

2.3.1. 仮想マシンの「名前」をクリックします。

画像をクリックすると拡大表示します

2.3.2. 「エンドポイント」メニューをクリックします。

画像をクリックすると拡大表示します

2.3.3. 画面下の[エンドポイントの追加]をクリックします。

画像をクリックすると拡大表示します

2.3.4. 「エンドポイントの追加」ウィザードが表示されます。

「エンドポイントの追加」を選択して「次へ(→)」をクリックします。

画像をクリックすると拡大表示します

2.3.5. http(TCP80番)ポートのエンドポイントを設定して、確定するため、(レ)ボタンをクリックします。

画像をクリックすると拡大表示します
名前 エンドポイントを識別する任意の名前を入力します。
今回は「http」とします。
プロトコル 接続するプロトコルを選択します。
「TCP」とします。
パブリックポート 外部から接続を受け付けるポート番号を入力します。
「80」とします。
プライベートポート 外部からの接続を内部に転送するポート番号を入力します。
「80」とします。

2.3.6. TCPの80番ポートで受け付けるエンドポイントが作成されました。

画像をクリックすると拡大表示します

2.4. リモートデスクトップで作成した仮想マシンに接続

2.4.1. 作成した仮想マシンインスタンスを選択し、画面下の[接続]をクリックします。

画像をクリックすると拡大表示します

2.4.2. インターネットエクスプローラを利用している場合は、「ファイルを開く」をクリックします。

IE以外のブラウザではファイルを保存し、そのファイル(~.rdp)をダブルクリックしてリモートデスクトップクライアントを起動します。

2.4.3. 警告メッセージが表示されますが「接続」をクリックします。

画像をクリックすると拡大表示します

2.4.4. Administratorでログインします。2.2.3で入力したパスワードでログインします。

画像をクリックすると拡大表示します

2.4.5. 警告メッセージが表示されますが「はい」をクリックします。

画像をクリックすると拡大表示します

2.4.6. 仮想マシンにログインされました。

2.5. 仮想マシンにMicrosoft Web Platform Installer (以降WebPI)をダウンロード

2.5.1. インターネットエクスプローラが自由に使えるよう、セキュリティの設定を変更します。

2.5.1.1. Server Managerが起動されていない場合、画面左下からServer Managerを起動します。

画像をクリックすると拡大表示します

2.5.1.2. 左側メニューから「Local Server」を選択します。

画像をクリックすると拡大表示します

2.5.1.3. PROPERTIESの「IE Enhanced Security Configuration」の『On』をクリックします。

画像をクリックすると拡大表示します

2.5.1.4. Internet Explorer Enhanced Security ConfigurationダイアログでAdministratorsを「Off」にします。

画像をクリックすると拡大表示します

2.5.2. インターネットエクスプローラーを起動します。

2.5.2.1. キーボードの[Windows]キーまたは[Ctrl] + [Esc]を押すとStart画面が表示されます。

画像をクリックすると拡大表示します

2.5.2.2. 「Internet Explorer」をクリックして起動します。

2.5.3. Web Platform Installerをダウンロードします。

起動したIEでhttp://www.microsoft.com/web/downloads/platform.aspxにアクセスし、画面右の「Free Download」をクリックします。

「Do you want to run or save wpilauncher.exe from download.microsoft.com?」で『Run』をクリックします。

画像をクリックすると拡大表示します

2.6. WebPIを利用したWordPressのインストール

2.6.1. WebPIが起動します。「Options」をクリックします。

画像をクリックすると拡大表示します

2.6.2. Change Optionsダイアログを下にスクロールし、「Select your preferred language for software installations.」を『Japanese』に変更します。

画像をクリックすると拡大表示します

2.6.3. 画面右上の検索ボックスで「WordPress」と入力してEnterします。

画像をクリックすると拡大表示します

2.6.4. 「WordPRess Japanese Package」を「Add」して「Install」します。

画像をクリックすると拡大表示します

2.6.5. インストールウィザードが起動します。

2.6.5.1. PREREQUISITES画面で、データベースの情報を入力します。

「MySQL (Not Installed)」のままにしておき、MySQLのrootユーザーのパスワードを決定します。

画像をクリックすると拡大表示します

2.6.5.2. インストールされるアプリケーションを確認し「I Accept」します。

画像をクリックすると拡大表示します

2.6.5.3. インストールが始まりました。

画像をクリックすると拡大表示します

2.6.5.4. WordPressのサイト設定をします。

今回はデフォルト値のまま「Continue」します。

画像をクリックすると拡大表示します

2.6.5.5. セキュリティのための固有フレーズを入力します。

それぞれの項目に適当な値を入力して「Continue」します。

画像をクリックすると拡大表示します

2.6.5.6. WebPIでのWordPressのインストールが完了しました。

画像をクリックすると拡大表示します

2.7. WordPressの設定

WebPIの完了後、Azure上でWordPressの設定ページが開きますが、そこで設定してはいけません。アドレスがhttp://localhost/wordpress/になっていますが、そこで設定してしまうと外部からアクセスができなくなってしまいます。

2.7.1. Windows Azure管理ポータルに戻り、「仮想マシン」を選択して、作成したインスタンスの『DNS名』を確認して、「http://DNS名/wordpress/」にアクセスします。

画像をクリックすると拡大表示します

2.7.2. サイトのタイトルなどを入力してください。

画像をクリックすると拡大表示します

2.7.3. もう一度、DNS名のURLにアクセスしてみましょう。

画像をクリックすると拡大表示します

Windows仮想マシンへのWordPressのインストールは以上です!!お疲れ様でした。他のクエストと同様、このWordPressのURLを公式サイトで報告しておきましょう。

“オープンソース技術の実践活用メディア” をスローガンに、インプレスグループが運営するエンジニアのための技術解説サイト。開発の現場で役立つノウハウ記事を毎日公開しています。

2004年の開設当初からOSS(オープンソースソフトウェア)に着目、近年は特にクラウドを取り巻く技術動向に注力し、ビジネスシーンでOSSを有効活用するための情報発信を続けています。OSSに特化したビジネスセミナーの開催や、Think IT BooksシリーズでのWeb連載記事の電子書籍化など、Webサイトにとどまらない統合的なメディア展開に挑戦しています。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています