PR

WordPress コース 2nd Stage を攻略しよう(Linux 仮想マシン編)

2014年5月16日(金)
鈴木 せいじ

Microsoft Azure上にLinuxインスタンスを立ち上げてWordPressをインストール

Tuning Maniax 2014 - 蒼き調律者たち」の攻略に役立つ情報をお届けする今回の連載。前回のWindows仮想マシン編に続き、今回の記事ではLinux仮想マシンで WordPress を立ち上げるまでの手順について紹介します。

前提条件

事前準備として、以下の環境をそろえてください。
※Microsoft Azureの管理ポータルにログインする際に必要です。

  • Microsoft アカウントの登録
  • Microsoft Azureのアカウント開設
  • インターネットに接続できるPC(OSの種類は問いません)

作業の流れ

  1. SSHクライアントの準備
  2. Microsoft Azureの管理ポータルへログイン
  3. Linux仮想マシンの作成(CentOS)
  4. OSの更新
  5. WordPress実行環境(LAMP)の構築
  6. MySQLの設定
  7. WordPressのインストール
  8. エンドポイントの設定
  9. WordPressの設定

SSHクライアントの準備

Windowsの場合

Windows OS には、デフォルトで「SSHクライアント」が用意されていません。SSHクライアントを別途インストールしてください。

この解説では日本では人気の高いTeraTermを使って解説します。

ダウンロード - Tera Term (テラターム) - SourceForge.JP より、「teraterm-[バージョン番号].exe」をダウンロードしてインストール

※ 以降はこのTeraTerm使って解説します。

Mac 「OS X」の場合

Macの「OS X」には、デフォルトで「SSHクライアント」が用意されています。
「ターミナル.app」を起動し、Dock(ドック)に登録して”すぐに”起動できるようにします。

Microsoft Azureの管理ポータルへログイン

早速、Microsoft Azure 管理ポータル にアクセスして、「Linux仮想マシン」を作成していきます。
特にブラウザのプラグインはいりませんが、最新のブラウザを利用してください。

(クリックで拡大)

Linux仮想マシンの作成

それでは、「Linux仮想マシン」を作成していきます。

左下の「新規」から

(クリックで拡大)

コンピューティング」 ⇒ 「仮想マシン」を選択します。

(クリックで拡大)

次に「ギャラリーから」を選択します。

(クリックで拡大)

すると、作成する「OSイメージ」の一覧が表示されます。

今回は例として「CentOS」を使用します。

(クリックで拡大)

左のメニューから「CENTOS」を選択すると「OpenLogic」と出てきます。
こちらを「選択」して、右下の矢印を選択します。

(クリックで拡大)

【参考】 Microsoft Azureで使えるLinux

Microsoft Azureでは、もちろんWindowsサーバーとLinuxを利用することが出来ます。

執筆時点で利用できるLinuxは以下のようになっています。

  • Ubuntu
    • 12.04LTS
    • 12.10
    • 13.10
    • 14.04LTS
  • CentOS 6.5(OpenLogic)
  • openSUSE 13.1
  • SUSE Enterprise Server 11 SP3
  • Oracle Linux 6.4
    • WebLogic同梱
    • Oracle同梱
  • Puppet Enterprise
「元うなぎ屋」
うなぎ屋など、飲食店勤務を経て IT業界へ。受託開発会社でインフラを担当。その後、派遣で勤務するも派遣切りに2度遭う。インストールマニアックスに出会い転職成功。現在はWeb広告を扱う企業で情報システム部門のインフラを担当
 
マニアックスをこよなく愛する、ひとりです。
マニアックスで出会った人脈は「宝物」だと思っている。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています