PR

あちこちをViモードにしていこう

2008年8月21日(木)
萩原 佳明

Webブラウザだってvi

 Vimに慣れると、マウスはなるべく使いたくなくなってくるが、そのほかのアプリケーション、例えばWebブラウザを使う場合などはマウスの使用は避けられない。

 そこで紹介するのがVimperatorだ。これはFirefoxをVimモードのキーバインドで操作できるようにするプラグインである。インストールするには、FirefoxでVimperatorのWebサイト(http://vimperator.mozdev.org/)を表示し、Downloadsのところにあるxpiファイルへのリンクをクリックする。するとインストール確認のダイアログが表示されるので、画面に従いインストールし、Firefoxを再起動すれば、インストールは完了だ。

 Firefoxを再起動してまず目につく違いが、メニューバーとツールバーがなくなっていること。これはあくまでもVimモードの操作感を得られるようにという、開発陣のこだわりだが、メニューバー(m)とツールバー(T)が必要な場合は「:set guioptions=mT」で表示させることができる。

 ウインドーのスクロールは「hjkl」だ。「Ctrl-U」や「Ctrl-D」での半ページスクロール、「Ctrl-B」や「Ctrl-F」での1ページスクロールももちろん可能だ。「gg」でページの先頭に移動できるし「G」は最後尾に移動できる。「/」で文字列を検索できるのもVimと同様だ。「d」でカレントのタブを「削除」して、「u」で最後に削除したタブを「復活」できるのは、なるほどと思われるだろう。

 Vimperator特有の操作としては、「H」と「L」が左右移動の関連操作のような扱いになっており、Webブラウザの履歴の前後移動になる。つまり「H」で1つ前のページに戻り、「L」で1つ先に進む。もちろん、数字プレフィックスは有効なので、「10H」と入力すれば10個前に戻ることが可能だ。

 Vimでは上下移動(ノーマルモードの場合)のコマンドである「Ctrl-P」と「Ctrl-N」は、タブの移動に割り当てられている。「ZZ」はVimでは「上書き保存して終了」だが、Vimperatorでは「セッションを保存して終了」になる。つまり、次回起動したときに今まで開いていたウインドーやタブがそのまま開かれるようにして終了、ということが簡単にできる。

 一方、全く異なる役割になっているキーももちろんある。例えば「r」はリロード、「R」はスーパーリロード(キャッシュを無視したリロード)、「B」はバッファ、つまりこの場合はタブのリストを見ることができる。「zi」や「zo」は折り畳み関連のコマンドではなく、ここでは「ズームイン」と「ズームアウト」、つまりページの拡大と縮小に割り当てられている。

マウスにさようなら、それがvi流

 さて、ここで初めてVimを触ったときのことを思い出してほしい。たぶん多くの人は「jとkで移動できるのはわかったけれど、じゃあどうやってjとかkとかを入力するの?」と疑問に思ったのではないかと思う。

 この疑問をVimperatorに当てはめると、「フォームに文字を入力したいときはどうなるの?」とか「もともとのショートカットキーは使えないの?」ということになるだろう。前者は、実はフォームの入力欄をアクティブにしてあげれば(「マウス」で入力欄をクリックすれば)入力可能になるし、入力欄にフォーカスがある間は、もともとのショートカットキーの方が有効になる(例えば「Ctrl-P」は「印刷」)になる。

 しかし、マウスを使って入力欄をアクティブにするのが面倒だったり、一時的にVimperatorの機能をオフにしたいときは「I」をタイプする。これですべての入力がそのままFirefoxに出力できるようになる。

 1回のタイプだけを無視してほしい場合は「Ctrl-V」。これはVimでも「次に入力する文字はそのまま使う」という場合に使うので、それほど違和感はないかもしれない(例えば「。」を全部改行に変換したいときは、「:%s/。/」まで入力したあと「Ctrl-V」をタイプしてからエンターキーを押して「^M」、改行を入力したあと「/g」を入力して、全体として「:%s/。/^M/g」のようにする)。

 そして「あの入力欄をフォーカスしたい」「あのリンクをクリックしたい」という場合は、「f」をタイプする。そうするとページ上にアルファベットが書かれた赤い四角が表示される(図2)。入力欄やリンクが少ない場合は「H」「J」「K」「L」「A」「S」といった1文字の四角、リンクが多いと「JL」、「HJ」、「AH」、「HK」といった2文字の四角が表示される。

 この四角に書かれた文字をタイプすれば、入力欄であればそこにフォーカスできるし、リンクであればそのリンクをたどれる。これで、マウスには手を触れないまま、ブラウジングが可能になるのだ。

 では最後に、Vimに関する衝撃の事実をお伝えする。

1973年佐賀県生まれ。東京大学文科I類中退。株式会社アスキーで3年半ほど編集者生活を送った後に独立し、(有)プラスワンデジタルを設立。Webサイトの企画・運営やサーバ管理、プログラム作成などを担当。著書に「日本のSEはこれからどうなるのか」「これならわかる不正アクセス対策 入門の入門」(いずれも翔泳社)がある。http://www.p1d.com/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています