PR

サーバー管理の基本

2008年9月5日(金)
伊藤 千光

なぜサーバーサイドを学ぶのか

 本連載では、普段サーバーサイドの技術に触れる機会の少ないデザイナー、コンテンツ制作者の方々を対象にして、サーバーサイドのさまざまなノウハウを紹介していきます。サーバーサイドというとCGIプログラミングが真っ先に思い浮かびますが、それに関してはほかに優れた書籍や記事が多数ありますので、ここではWebサーバーの設定など管理系の知識を中心にしていきます。

 多くの方々は、「ユーザビリティ・アクセシビリティの特集なのにサーバーサイド?」と疑問を持たれるかもしれません。たしかに、これらの要素がコンテンツにより大きく依存します。しかし、コンテンツ制作とサーバー管理の境界領域にある機能を活用すれば、よりユーザーフレーンドリーなWebサイトの実現が可能です。そのためには、コンテンツ制作者もサーバーサイドについて一定の知識を持ち、サーバー管理者と適切にコミュニケーションをとる必要があります。

 また、小規模企業ではコンテンツ制作者がサーバー管理まで担当することも多々あります。個人のWebサイトを運営されている方も多いことでしょう。そういった場合は特に、サーバーサイドの知識を持つことでWebサイトの品質を改善し、活動の幅を大きく広げることができます。

 この連載では、個人でも気軽にはじめられるように、安価なレンタルサーバーでも活用できる知識を中心に解説していきます。ぜひ実際に試しながら読み進んでいただければと思います。本連載を通して、少しでも多くの方々にサーバーサイドの楽しさを知っていただければ幸いです。

環境を整える

 はじめに、必要な環境を簡単にまとめていきます。まずは自由に使えるWebサーバーがないと話が始まりません。会社で開発用・テスト用などのWebサーバーが使えればベストですが、それが難しい場合はレンタルサーバーを利用しましょう。最近は月額1,000円以下で十分な機能を持ったサービスが増えていますので、レンタルサーバー完全ガイド(http://rs.impressrd.jp/)などで自分に合ったものを探してください。実際に契約する際は、後述する「.htaccess」という機能が活用できることを確認しておいてください。

 次は、FTPクライアントです。Webサーバーにコンテンツや設定ファイルをアップロードするために使います。コンテンツ制作でも普通に利用するツールですから、もし、なじみのソフトがあればそれで十分です。筆者は、WebブラウザのFirefox上で動作するFireFTP(https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/684)というソフトを常用しています。Firefoxさえ動作すればOSによらず利用できるので、多数のOSを使い分けている方には特にお勧めです。

 この連載では必須ではありませんが、SSHクライアントも準備しておくといろいろ役に立つでしょう。SSHはインターネット経由でWebサーバーのシェル(Windowsでいうコマンドプロンプトのようなもの)にアクセスするためのプロトコルで、Webサーバー上で自由にコマンドが実行できます。サーバー管理には必須のツールです。

 Windows用にはPuTTY(http://www.chiark.greenend.org.uk/~sgtatham/putty/)というソフトが有名です。インストール方法や使い方などは、こちら(http://j.tedia.jp/?p=373)を参照ください。また、九州工業大学学生自治ネットワーク委員会のこちらのページ(http://www.club.kyutech.ac.jp/support/manual/putty.html)もとてもわかりやすく解説しています。

 MacやほとんどのLinuxディストリビューションではコマンドラインのSSHクライアントが標準でインストールされているので、新たにソフトをインストールする必要はありません。ターミナル(Macなら「/アプリケーション/ユーティリティー」の中にあります)を起動して以下のコマンドを入力すれば、サーバーにログインできます。

ssh ユーザー名@SSHサーバーのホスト名

 レンタルサーバーによっては、事前にログインするPCを登録するなどの準備が必要な場合があります。詳細はサービスの運営業者に問い合わせてください。

白髪になってもプログラムを組んでいたい、元ゲームプログラマーのWebエンジニア。いくつかのゲーム会社を渡り歩いた後、2007年にWebの世界に転身。現在はRuby on Railsを用いた業務システムの開発に従事している。ブログでの情報発信も精力的に展開。WebOS Goodies : http://webos-goodies.jp

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています