PR

andLinuxを使いこなす!

2008年9月16日(火)
北村 聖児

開発環境としてのandLinux

 前回までの記事でandLinuxの概要とインストール方法について解説してきました。Windowsと親和性の高いLinux環境を、簡単に構築できるという魅力を感じていただけたでしょうか。

 今回は、特にLinux上で動作するWebアプリケーションの開発環境として、andLinuxを利用する方法を紹介していきます。

 「第1回:andLinuxとは?(http://www.thinkit.co.jp/article/126/1/)」でも紹介しましたが、Windows上にLinux環境を実現するソリューションには、andLinuxのほかにもCygwinや仮想マシンがあります。また、昨今はApache、MySQL、PHPなどのアプリケーションには、Windows版バイナリも用意されているため、Linux環境を用意しなくてもLAMPに似せた環境をWindows上に構築することができます。

 Webアプリケーション開発を行う場合、これらのソリューションとandLinuxを比較すると、andLinuxには以下のメリットがあります。

1.Ubuntu Linuxに用意された豊富なパッケージが利用できること
2.Windowsとの共有領域を簡単に設定できること
3.Windows上でシームレスにXクライアントが利用できること

 ほかにもいくつかメリットが存在しますが、今回は、この3つのメリットを生かし、andLinuxらしい使い方を、具体的な例を示しながら紹介したいと思います。

Ubuntu Linuxに用意された豊富なパッケージを利用する

 andLinuxは、coLinuxをベースとしたUbuntu Linux環境です。したがって、初期状態でUbuntu Linuxの豊富なパッケージを利用することができ、パッケージの導入・管理もapt-getやSynapticを用いて行うことができます。

 ここでは、apt-getを用いてandLinuxにパッケージをインストールし、LAMPサーバーとしてセットアップする方法を紹介します。

 Terminal(KDE versionのandLinuxをインストールした場合はKonsole)を起動し、以下のコマンドを実行します。この時、コマンドの最後には「^」(ハット)が付きます。

# apt-get install lamp-server^

 このコマンドを実行すると、Apache、MySQL、PHPに加え、PerlおよびPHPのMySQLライブラリなどが自動でインストールされます。インストール中、MySQLのrootのパスワード設定をうながされますので、入力してください。インストールが完了すると、ApacheとMySQLは自動で開始され、以降も自動で起動します。

 ここで、WindowsのInternet ExplorerでandLinuxにアクセスしてみてください。andLinuxのIPアドレスはデフォルトでは「192.168.11.150」に設定されていますので、アドレスは「http://192.168.11.150」になります(IPアドレスを変更している場合は、変更したアドレスに読み替えてください)。インストールしたandLinux上のApacheにアクセスできると思います(図1)。

 これで、1台のPCにLAMP開発環境と、WindowsのInternet Explorerから動作チェックできる動作検証環境が整いました。

 開発の過程で、ほかにアプリケーションやライブラリが必要になった場合、その都度必要なパッケージを選択し、インストールすれば良いでしょう。

 続いて、Windowsとの共有領域について説明します。

GMOホスティング & セキュリティ株式会社
シェアードホスティング開発1部。長野県長野市生まれ。中学時代にプログラミングの面白さに目覚め、工業高専に進学。2003年、GMOホスティングアンドセキュリティ株式会社に入社。主にUNIX系ホスティングサービスのシステム設計・開発を担当している。好きな食べ物はラーメン。http://www.gmo-hs.com

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています