CloudNative Days Tokyo 2023から、ドコモのAPI基盤のGKE移行とSysdig採用の事例を紹介

2024年2月26日(月)
高橋 正和
CloudNative Days Tokyo 2023から、NTTドコモのAPI基盤RAFTELのGKEへの移行とSysdig採用の事例を解説したセッションを紹介する。

2023年12月11日、12日の両日にハイブリッド形式で開催されたCloudNative Days Tokyo 2023の事例講演から、株式会社NTTドコモの加藤雅俊氏によるセッションを紹介する。

タイトルは『B2Cデジタルサービス向け統合API基盤「RAFTEL」のセキュリティ強化策』。同社のAPI基盤のリニューアルと、そこにおけるコンテナセキュリティ製品「Sysdig」などを採用したセキュリティ強化およびDevSecOpsへの取り組みについて紹介がなされた。

セッションを担当したNTTドコモの加藤雅俊氏

セッションを担当したNTTドコモの加藤雅俊氏

ばらばらだった認証や決済などのアセットを、
APIプラットフォームRAFTELに統合

まずRAFTELとは何かについて説明していこう。

ドコモの社内には、認証や決済などさまざまな基幹システムがあり、APIを介して呼び出せる。これらはコアアセットとして活用できるが、古いシステムであり、あちこちに分散しているうえに、API仕様もそれぞれまったく異なっている。そのため、社内経験の長い生き字引のような人が仕様を読み解いてようやくサービスが開発できる、というようなことも起こっていた。

これを打破するために作られたのが、API基盤のRAFTELだ。分散したAPIを一つのシステムに統合し、APIの仕様もなるべく統一することで、社内からアセットへと容易にアクセスできるようにする。さらに、複数APIのマッシュアップなども用意して、より開発しやすい環境を提供している。

これにより、サービス開発者からするとRAFTELだけ見に行けばよい状況を作って、開発を効率化しているというわけだ。

API基盤「RAFTEL」

API基盤「RAFTEL」

サービスと、認証や決済などのシステムの間に入る

サービスと、認証や決済などのシステムの間に入る

RAFTELは2019年より稼動し、決済サービスのd払いや、映像配信サービスのLemino(旧dTV)など、幅広いサービスが利用している。現在60以上のサービスから利用されており、利用者数の合計はのべ約8000万人、1日の処理件数は約5.3億となっている。

さまざまなサービスがRAFTELを利用

さまざまなサービスがRAFTELを利用

RAFTELをリニューアル、GKE上で再構築

現在、このRAFTELのシステムはリニューアル中であり、GKE上で再構築して順次移行している。2024年3月までに移行を完了する予定だという。

RAFTELのリニューアル

RAFTELのリニューアル

リニューアルした理由としては、RAFTELの役割が変わってきたことが大きい。APIを利用するサービスやシステムが増えて、使われる側の基盤システムも増えた。またもともとは、各サービスのサーバーからAPIを使う想定だったが、今ではWebやスマートフォンアプリからも直接APIアクセスするようになり、トラフィックが増えた。例えばLeminoで人気スポーツ中継をしたときなどには、トラフィックが劇的に増加することもあるという。こうした背景から、柔軟にキャパシティコントロールがしたかったという。

RAFTELのリニューアルの理由

RAFTELのリニューアルの理由

RAFTELではもともと前段のAPI管理にApigeeを利用していた。リニューアルにあたって、RAFTEL利用システムから見たApigeeは変わらないようにして、その先のクラウドを1つにまとめるということで、Google Cloudを採用した。

そのうえで、コンテナ運用の標準をKubernetesにすることからGKEを選んだ。さらに、GKEの中でもStandardを選んだ。これはまず、自分たちでKubernetesの構築運用をしっかり理解しておきたいことがあったからだ。また約60個のサービスの中には昼間のトラフィックが高いサービスもあれば夜間のトラフィックが高いサービスもあり、ノードプールのアップグレードなどによる瞬断があるとサービスに影響してしまうため、自分たちが望むタイミングでコントロールしたいという理由もあった。

GKE Standardを採用した理由

GKE Standardを採用した理由

GKEの苦労話としては、まず、一からKubernetesを勉強したため、構築や試験、システムの移行などでさまざまな問題が出たことが挙げられる。これはGoogleのプロフェッショナルサービスの支援を受けて乗り切り、初回の移行までは半年弱ほどで終えたという。

またノードプールのアップグレードにBlue/Green方式を採用したが、どうしてもエラーやレスポンス遅延などが発生した。これについては運用やアプリケーション実装など対策がなされてきているという。

GKEの苦労話

GKEの苦労話

より高いレベルのセキュリティ対策や
運用効率化を求めて

システム構成としては、社内のシステムからはApigeeを経由して呼び出される。一方、スマートフォンからは、モバイルネットワークからインターコネクトを経由して呼び出されるようになっている。

システム構成

システム構成

リニューアルにおける方針の一つとして、社内ルールを順守した社内のサーバーだけではなく、スマートフォンアプリやWebからも接続するようになったことから、より高いレベルでのセキュリティ対策が必要とされた。

また組織の状況として、これまでRAFTELではDevOpsを回せるチームを実現してきた。これをもとに、組織での大規模コンテナ運用を見据えて、先行してKubernetesにおけるDevSecOpsを確立し、ノウハウを蓄積したいということもあった。

リニューアルにおける方針

リニューアルにおける方針

組織に先行してKubernetesにおけるDevSecOpsを確立する

組織に先行してKubernetesにおけるDevSecOpsを確立する

Sysdigを採用して
セキュリティ対策とDevSecOps確立へ

こうしたKubernetesの運用効率化とセキュリティ対策のためにSysdigを採用した。Sysdigは、システムレベルでコンテナの挙動を把握するセキュリティ製品群だ。

Sysdigを採用した理由としては、まずSysdigのUIがKubernetes意識した構成になっていて、メトリクスやログなどのKubernetes上の挙動も容易に確認ができるということが挙げられる。

また、Sysdigのエージェントはシステムコールをフックしてノード上の挙動を把握できるアーキテクチャを採用していることもメリットだった。Kubernetes上の障害やセキュリティインシデントの調査時に、システムコールのキャプチャーを取って可視化でき、管理運用の難易度を下げられると考えたのだ。

そのほか、コンテナスキャンにより使っているライブラリとその脆弱性を確認できる機能があることや、振る舞い検知ができることなども選定理由となった。

Sysdigを採用した理由

Sysdigを採用した理由

監視・運用においては、従来のRAFTELからNew Relicを利用している。リニューアル後もNew Relicをベースに見ることは変わらない。そこにSysdigを採用することで、New Relicで見ていて何か問題があったときに、調査しきれない部分をSysdigの領域に入っていって詳細分析するという形をとる。

SysdigとNew Relicの役割と使い分け

SysdigとNew Relicの役割と使い分け

そして、準備中も含め、DevSecOpsを含むSysdig活用の全体像が紹介された。

Sysdigの振る舞い検知のFalcoでGitHubのログから脅威検知をする。またsysdig-cli-scannerで、CIパイプラインでDockerイメージをスキャンして脅威検出する。Google Cloudのログを利用した疑わしい活動の検出もする。さらにCSPM(Cloud Security Posture Management)として、稼動中のPodを定期的にチェックする。そして必要に応じてシステムコールをキャプチャーして、コンテナの稼動状況を把握できるようにする。

Sysdig活用の全体像

Sysdig活用の全体像

NTTドコモでは認証や決済などの各種アセットをAPIで使えるが、整備されておらず使いにくかったという、外からはわからない事情から始まったセッション。それをAPI基盤によってサービス側から使いやすくしたこと、そしてそれをGKEでリニューアルしたことが語られた。

さらにはスマートフォン時代に対応していく中でのセキュリティ対策としてSysdigを導入し、DevSecOpsまでを目指すことが語られた点に興味深さを感じたセッションだった。

フリーランスのライター&編集者。IT系の書籍編集、雑誌編集、Web媒体記者などを経てフリーに。現在、「クラウドWatch」などのWeb媒体や雑誌などに幅広く執筆している。なお、同姓同名の方も多いのでご注意。

連載バックナンバー

クラウドイベント
第10回

CloudNative Days Tokyo 2023から、Yahoo! JAPANを支えるKaaS運用の安定化やトイル削減の取り組みを紹介

2024/3/11
CloudNative Days Tokyo 2023のセッションから、LINEヤフーの社内KaaSであるZCPを安定運用さるための施策を同社のSREが解説したものを紹介する。
セキュリティイベント
第9回

CloudNative Days Tokyo 2023から、業務でのOSSコントリビューションのありかたとKeycloakについて解説したセッションを紹介

2024/2/28
CloudNative Days Tokyo 2023から、OSSコントリビューションを企業の業務として成立させるために必要なことを解説したセッションを紹介します。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る

他にもこの記事が読まれています