PR

GaucheでCOOLなWebアプリ!

2008年6月27日(金)
吉田 裕美

モジュールの利用

 前回は、Webアプリケーションの機能拡張の前段階として、生産性を向上させるテンプレートエンジンを紹介しました。今回は、さっそくWebアプリケーションの機能を強化していきましょう。今回もソースコードがダウンロードできます(7451.zip/2.16KB)。

 機能の強化にあたって、今までのように1つのファイルにすべてのコードを書いていては、ファイルが大きくなりメンテナンス性が悪くなります。また、他のプロジェクトでコードを再利用するのにも不便です。そのため、大抵のプログラム言語はモジュール化機能をサポートしています。

 GaucheもPerlと似たモジュール機能をサポートしています。今まで作ったプログラムをサーバ(メイン)、テンプレートエンジン、アプリケーションの3つに分けてみましょう(リスト1~3)。

 リスト1のサーバ(メイン)は、モジュール化されたapplication.scmを利用しますので、(add-load-path "./")でモジュールを探すパスにapplication.scmのあるカレントディレクトリを設定しています。

 また、サーバのプログラムも多少変更しました。

 (guard (e (else (socket-close ....でサーバ内でエラーが発生した際にsocketを閉じるような、例外処理を加えました。guardの詳細はリファレンスマニュアルを参照してください。

 web-server関数の(reload-modified-modules)は、変更されたモジュールがあれば再読み込みする関数です。この関数をここに書くことで、application.scmを変更した場合にもサーバを再起動せずに、変更を次のリクエストから反映します。

 また、render内で例外が発生した場合は、ブラウザにエラーページを表示できるように、ここにも例外処理(guard (e (else (report-error e) error-page ...を追加しました。

モジュールの作成

 リスト2は、テンプレートエンジンをモジュール化したものです。モジュールの先頭は(define-module モジュール名...で始めます。define-moduleの中には、このモジュール内で利用するモジュールのuseに続き、このモジュールをuseしたプログラムから参照できるシンボル(関数名、変数名)をexportで指定します。

 また、(select-module モジュール名)でこれから定義される関数などの所属するモジュールを指定します。コードの最後にある(provide "モジュール名")は、このモジュールをuseしたプログラムが、再度このモジュールをuseしても再読み込みしないように設定するものです。

 テンプレートエンジン自体のコードは「第4回:Gaucheで超高生産性Webアプリ!(http://www.thinkit.co.jp/article/74/4/)」で紹介したものと同じです。

CADのベンチャー企業を経て、独立し有限会社EY-Officeを設立。Java、Ruby、PerlなどでWebアプリを中心に開発を行ってきたが、現在は、教育に注力し「問題解決型の教育」に奮闘中。「Gauche-Trac(http://www.ey-office.com/gauche)」に今回の記事のサポートページを作りましたのでご活用下さい。HP:http://www.ey-office.com。Blog:http://d.hatena.ne.jp/yuum3

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています