PR

Gaucheで超高生産性Webアプリ!

2008年6月20日(金)
吉田 裕美

ドライバのインストール

 さて、前回までで、Gaucheによる簡単なプログラミングについて解説してきました。今回から2回にわたって、GaucheによるWebアプリケーションの作成について解説していきます。

 はじめに、前回インストールしたSQLite3用データベースドライバですが、第3回専用のドライバとなっております。今回の記事用に修正を加えた最新ドライバを作成しましたので、再インストールしてください(ダウンロードファイル7441.zip/32.4 KB)。インストール手順は前回と同じとなります。また、今回のソースコードもダウンロードが可能です(7442.zip/816 B)。

 今回は、生産性を上げるためのテンプレートを紹介し、テンプレートで使われている関数とマクロについて解説していきます。

テンプレートエンジン

 さて、前回のWebアプリケーションでは、HTMLをプログラムの中で組み立てていましたが、このやり方では見た目の変更も大変ですし、プログラムも理解しづらく、生産性が低くなります。Javaで作る場合はデータベースアクセスなのどのロジック部分はJavaでServlet内に書き、表示部分はJSPに書くことで生産性を上げることができます。今回は、このJSPに相当するようなテンプレートエンジンを作り、前回のWebアプリケーションを書き換えていきます。

 図1は今回作るテンプレートエンジン用に書かれたテンプレートです。このテンプレートでは、HTMLはそのまま記述しますが、の中に任意のGaucheのコードが書けます。または?のS式を実行し、その結果をHTMLに取り込みます。例えば n: は、n:1、n:2、n:3に展開されます。

 次に、テンプレートエンジンを使ったWebアプリケーションのrender関数について解説していきましょう。

CADのベンチャー企業を経て、独立し有限会社EY-Officeを設立。Java、Ruby、PerlなどでWebアプリを中心に開発を行ってきたが、現在は、教育に注力し「問題解決型の教育」に奮闘中。「Gauche-Trac(http://www.ey-office.com/gauche)」に今回の記事のサポートページを作りましたのでご活用下さい。HP:http://www.ey-office.com。Blog:http://d.hatena.ne.jp/yuum3

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています