PR

Scheme実装「GNU Guile 3.0」リリース

2020年1月24日(金)

 GNU ProjectのScheme実装「GNU Guile 3.0」が1月16日(現地時間)、リリースされた。

 「GNU Guile(GNU Ubiquitous Intelligent Language for Extensions)」は、インタープリタ、仮想マシンなどを備えており、POSIXシステムコールのモジュール拡張やAPL配列などの機能がオブジェクトライブラリとしてパッケージングされている。また、CやC++のプログラムの統合なども可能。

 「Scheme」はプログラミング言語「Lisp」の方言のひとつで、静的スコープなどを特徴とする関数型・手続き型プログラミング言語。Schemeでプログラムを書くだけでなく、C/C++プログラムの統合も容易に行うことができる。GNU Projectの公式な拡張プラットフォームと位置付けられている。

 「GNU Guile 3.0」では、JITのネイティブコード生成がサポートされるなどの機能強化など複数の強化のほか、安定性の向上が図られている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
GNU Guile

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック