PR

はじめる前に頭に入れておきたいこと!

2009年3月6日(金)
小笠原 秀人

レビューの種類

 今までの説明から、ソフトウェア開発において、レビューがどれだけ大事な活動なのかは、理解していただけたと思います。原理98には、「Fagan流の審査」という言葉が出ていました。これは、いくつもあるレビューの方法のうちの1つです。「ソフトウェア品質知識体系ガイド-SQuBOK Guide-」(詳細は参考文献)には、以下のようなレビュー方法が載っています。

・ピアレビュー
・インスペクション
・チームレビュー
・ペアプログラミング
・ピアデスクチェック
・パスアラウンド
・ラウンドロビンレビュー
・ウォークスルー
・アドホックレビュー

 レビューにもいろいろな種類があることがわかりますね。レビュー活動の定着化を目指すには、あれもこれもと手を広げてはうまくいきません。まずは、何を目的にレビュー活動を推進するのかを明確にしてから進めていきましょう。

どのレビューから始めたらよいか?

 ソフトウエアCMM(SW-CMM)は、成長するソフトウエア能力の5段階を記述したものです。図3に示すように、1番目を除く各レベルは、キープロセスエリア(KPA)を定義しています(「ソフトウェア能力成熟度モデル 1.1版(公式日本語版)」詳細は参考文献)。

 成熟度レベル3のKPAに、「ピアレビュー」があります。ピアというのは「仲間」という意味です。1ページで、「ルールに基づいたレビューが実践され、結果的にレビュー活動が組織文化として根付かせる必要があります」と書きました。ルールに基づいたレビューを実践するために、このピアレビューの導入から始めることをお勧めします。なぜかというと、内容を理解しやすいということです(実践するのと内容を理解するのとでは大きな違いがありますが…)。また、ピアレビューに関する参考図書や論文はいろいろ出ていますので、導入時のヒントを得ることもできます。

 ピアレビューの注意点を以下に示します。

 1つ目は「対象を計画」することです。プロジェクトごとに計画を立てるべきです。

 2つ目は「基本は同僚同士」で行うことです。レビューの結果を人事評価に影響させてはいけません。

 3つ目が「作業成果物が対象」であるということを認識することです。手ぶらで集まっても意味がありません。

 4つ目が「欠陥や改善を洗い出すことが目的」であるということです。説明会や勉強会、解決策の検討会ではありません。仕様や技術についての議論の深みにはまることを防止するために、各自が認識しておかなければなりません。

 5つ目が「手順があること」です。開催方法や記録方法などのルールに従って行うべきですし、手順に従ったやり方であれば、記録したデータの一貫性が確保できます。これらは品質データとして使えます。

 上流工程の成果物の品質を確認することが難しい、とよく言われます。まずは、「早期に効率よくソフトウエア作業成果物から欠陥を取り除く」ことができるピアレビューを導入し、品質の作り込みを実現し、効果が実感できるようにチャレンジしてみましょう。

 次週は、このピアレビューを組織的に導入するために、どのような教育(トレーニング)が効果的なのかを考えてみたいと思います。

【参考文献】

アランデービス著、松原訳『ソフトウェア開発201の鉄則』日経BP(1996)

QuBOK策定部会『ソフトウェア品質知識体系ガイド-SQuBOK Guide-』オーム社(2007)

Mark C. Paulk,他、ソフトウェア技術者協会CMM研究会訳『ソフトウェア能力成熟度モデル 1.1版(公式日本語版)』(http://www.sea.jp/CMM/publish/CMM-J99.html)CMU/SEI-93-TR24(1993)

Karl E. Wiegers、大久保雅一(監訳)『ピアレビュー』日経BPプレス(2004)

Tom Gilb, Dorothy Graham、井土誠一・富野壽(監訳)『ソフトウェアインスペクション』共立出版(1999)

株式会社東芝
1990年 東芝に入社以来、ソフトウェア生産技術(メトリクス活用、不具合管理、静的解析、テスト設計/管理、プロセス改善など)に関する研究・開発およびそれらの技術の推進・展開活動を実践中。日本SPIコンソーシアム(JASPIC)運営副委員長、SQiPシンポジウム2009シンポジウム委員長。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています