PR

BPELサーバとの関連付け

2006年9月7日(木)
高安 厚思

はじめに

   SOAらしいシステムを目指すためにはBPELサーバは重要だ。前回までに説明したESBのサービスとBPELサーバ連動することで、SOAらしい システムを構築することができる。今回からはこのBPELサーバの動作を定義するBPELについて説明し、最終的にBPELサーバとESBがどのように連 携してSOAらしいシステム構成が考えられるかを説明する。


BPELとは

   BPELとはBusiness Process Execute Languageの略である。BPELとはワークフローサービスを実現するために定義された宣言的な言語であり、XMLで定義される。BPEL4WSが正 しい略称であり、新しいバージョン2.0からWS-BPELとしてOASISで標準化される予定だ。

BPELの構成要素

   BPELの構成要素は全部で25個あるが、内容から分類すると次の8つにわかれる。

  • 外部との関係
  • プロセス識別子の設定
  • プロセス変数の定義
  • イベント処理
  • 例外処理
  • キャンセル処理
  • 実際の処理のアクティビティ
  • 実際の処理フローを構造化するためのアクティビティ
表1:BPELの分類

   構成要素を表1のように分類し、図であらすと図1のようになる(アクティビティに関しては数が多いので別図にてあらわす)。

BPELの構成要素
図1:BPELの構成要素
Essential Business Process Modeling(ISBN:059600830)から引用し、筆者が追記
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   では、これらの要素で良く使われる表2の項目について説明する。各アクティビティについての説明に関しては、「実践!ビジネス・プロセス・インテグレーション」で詳細に解説されているので、ここでは概要に留める。

  • 外部との関係
  • プロセス識別子の設定
  • プロセス変数の定義
  • 実際の処理のアクティビティ
  • 実際の処理フローを構造化するためのアクティビティ
表2:BPELでよく使われる項目
株式会社オープンストリーム テクニカルコンピテンシーユニット 主管システムズアーキテクト

横浜国立大学経営学部卒。銀行系シンクタンクでオブジェクト指向技術の研究に携わった後、大手SIerにて アーキテクチャ構築、プロセス研究に携わった。現在株式会社オープンストリームにてSOAを中心とする研究開発およびアーキテクチャ構築に従事。最近は XMLのダイナミックさに魅了されている。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています