PR

US-CERT、IoT機器を悪用したDDoS攻撃の増加傾向について注意喚起

2016年10月23日(日)

US-CERTは10月14日(現地時間)、IoTを悪用した大規模DDoS攻撃が増加傾向にあると警告した。

今回の発表によると、IoT機器を悪用したDDoS攻撃の増加は、MiraiやBashliteが猛威を振るっていることが要因と見られるという。MiraiやBashliteは、よく利用されるデフォルトのユーザ名とパスワードでネットワーク機器への侵入を試み、ボットネットを構築する。ホームルータや、ネットワーク接続機能を持ったカメラなどの家電製品は、パスワードがデフォルトのものから変更されずに利用されるケースが多く、これらの機器がマルウェアに感染し、ボットネットとなってしまうと考えられる。

なお、同記事の中では感染した場合の対策を紹介している。

1.デバイスをネットワークから切り離す
2.ネットワークとの接続を切った状態でデバイスを再起動する
3.パスワードをデフォルトのものから、強力なパスワードに変更する
4.ネットワークに接続する

IoTのシェア拡大に伴い、今後IoTデバイスを悪用したDDoS攻撃は増加すると予想されているため、US-CERTは管理者に攻撃に対する注意およびIoTデバイスの対策を呼びかけている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
注意喚起本文

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック