PR

LinuxカーネルにUse After Free攻撃を受ける脆弱性、「2.6」から存在

2016年12月10日(土)

Linux kernelにUse After Free攻撃を受ける脆弱性が発見された。この脆弱性は「2.6」から存在し、多くのLinuxカーネルに潜在しており、影響は広範囲に渡ると見られる。

この脆弱性は、CVE-2016-9576に指摘されている。各ベンダーはこの脆弱性を修正したカーネルを順次リリースしており、ユーザは情報を確認した上でアップデートすることが強く推奨される。「2.6」から存在しているため、古いカーネルを利用している場合であっても注意が必要。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
seclists

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック